意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「卑劣なテロで130人を超える無辜の市民が殺害された。」

ちょっと前からニュースでこの難しい言葉を見かけました。
実際にはふりがなが振ってありましたが、意味は難しい。

<無辜の読み方>

これは、

「むこ」

と読みます。

読み方は漢字の偏の通りなのでわかりやすい。
変換も普通にできます。


<無辜の意味>

これは、

「罪の無い」

という意味になります。


その意味の通り書いた方がわかりやすいのですが、
雰囲気的に文語として使われることがあります。

では、「無辜」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「無」は「ない」という意味の漢字。
字源は「舞う人」を表す漢字でしたが、
発音が「ない」という意味の言葉と同じ「ブ」だったため、
当て字として「無」を「ない」という意味で使われたようです。

「辜」は「つみ、はりつけ」という意味の漢字。
字源は「入れ墨に使う針」と「固く押さえる」という漢字の組み合わせ。
罪人に入れ墨をすることを表します。
また、そのまま押さえ付けて(張り付けて)殺すという意味もあるようです。

二つを合わせると、「罪が無い」という意味になります。
「罪」も旧字体は「」。
「鼻に入れ墨をする=罪人」という意味で、ほぼ同じ意味の漢字です。


<無辜の使い方>

・無辜の人々が捕らえられる。

・戦争の原因を考えると、私たちも無辜ではない。

・誤爆によって無辜の民が殺される。


以上、無辜の意味でした。

意味を知る人は少ないと思いますので、
勘違いさせないよう「罪の無い」と書くのが良いでしょう。
ニュースは「正しく伝える」という意識が少ないよう感じます。
かといってそんな漢字も使わないと廃れていくので難しい問題ですが…。


※公開から4時間ほど、意味の太字説明部が間違っておりました。
 正常な説明の後に誤って用例を貼付してしまい、気付かなかったものです(意味の説明が用例になっていた)。
 大変申し訳ございません。



<次の言葉の意味も知ろう!>




「ダル投手の弟 レ軍戦でも賭博」

野球賭博は昔から定期的にニュースになっています。
どちらが勝つかわからないが、読めそうな気がする、
そんなところで違法ではありますが人気があるのだろう。

さて、「賭博」の「博」がどういう意味かを知っておこう。

<賭博の読み方>

これは、

「とばく」

と読みます。

「賭」は「賭ける(かける)」が訓読み。
「博」は訓読みはありませんが、「博士(はかせ)」と読むことはあります。

<賭博の意味>

これは、

「金や物などをかけて勝負事をする」

という意味になります。

「博打(ばくち)」「ギャンブル」とも言われます。
文語では「賭博」が一般的。

「賭博」に漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「賭」は「かけ、かける」という意味の漢字。
字源は諸説ありハッキリしていない。一説を言うと、
「貝=お金」と「土地を所有する(領土を得る)」の組み合わせ。
よって、「お金を自分のものにする=かける」といった意味になったと思います。

「者」は「神への祈りの言葉を入れた器を埋める」という意味の漢字で、
願いを込めて埋め、そこに土の垣を作り、領土を得る。という意味です
「管理者」など「所有している人、住んでいる人」など個人を表す意味でよく使われています。

「博」は「ひろい(広い)、ひろめる」という意味の漢字。旧字体は右上が「甫」。
字源は「盾」と「若木を手に持って植える」の組み合わせ。
武器を持ち攻め入り、そこを領土にする=領土を広めるという意味の漢字です。
その意味から、「博士」など「広く知る」という意味でも使われます。

二つを合わせると、「賭けにより自分の領土を広める」となる。
賭けて領土(お金)を増やす。そんな意味です。
まぁ、胴元が絶対に増えることになるのですが…。

<賭博の使い方>

・3人の選手が野球賭博をしていた。

・オンライン賭博で全財産を失った。

・上野の賭博店が摘発された。


以上、賭博の意味でした。

競馬もパチンコも勉強すれば勝てます。
カジノも攻略性があるものは勝てるようです。
しかし、よほど勉強しないと勝ち目はない。
賭博は止めておくのが無難です。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「日歯連疑惑 政界パイプに傾注」

パイプとの組み合わせに良い熟語ですね。
便利なので知っている人はよく使う言葉です。

<傾注の読み方>

これは、

「けいちゅう」

と読みます。


<傾注の意味>

これは、

「一つの事に心や力を集中する」

という意味になります。


「傾ける」「注ぐ」の組み合わせなので、
ある一点に集中するという意味は理解しやすいと思います。

では、「傾注」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「傾」は「かたむく」という意味の漢字。
字源は「人」と「神を迎え拝礼する」の漢字の組み合わせ。
その拝礼が傾く姿勢であることから、その意味になった。

「注」は「そそぐ」という意味の漢字。
字源は「油」と「燭台で燃える火」の組み合わせ。
火が燃える元になる油を注ぐことを表しています。

二つを合わせると「傾き注ぐ=一つの物事に姿勢も行為も集中」という意味になります。
「注意」も「意を注ぐ」と集中する意味です。
注ぐとはどういうことか?と考えていきましょう。


<傾注の使い方>

・全身全霊を傾注していく。

・抽象表現へと傾注していった画家。

・財政再建に傾注した1年を振り返る。


以上、傾注の意味でした。

傾注には、支えてくれる人が必要です。
理解者を増やすなど、下準備も大事だと思います。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「茨城・鬼怒川で河川氾濫発生」

氾濫とはよく言いますが、この漢字はあまり使うことが無い。
さんずい偏が付くとどのような意味になるのか?知っておこう。


<氾濫の読み方>

これは、

「はんらん」

と読みます。



<氾濫の意味>

これは、

「河川の水が堤防からあふれ出る」

という意味になります。

また、その意味から転じて、

「社会に好まれないものが広く流れ出る」

という意味でも使われています。


よって、漢字的には「河川氾濫」ではなく、「氾濫」で良いです。
冒頭のニュースの見出しはちょっとおかしい。
「鬼怒川で氾濫」で良いでしょう。


では、「氾濫」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「氾」は「うかぶ、ひろがる、はびこる」という意味の漢字。
字源は「川」と「水死者」の漢字の組み合わせ。
「川に浮かぶ死体=浮かぶ」を意味しますが、
それはなぜ?と「川があふれる」という意味にもなったと思います。
(はっきりはしていない)

「濫」は「あふれる、みだりに、はびこる」という意味の漢字。
字源は「川」と「監(水の入った皿(鏡)を上から覗き見る)」の組み合わせ。
「川の中を覗き見る=浮かんで見る」となるのか、本来は「浮かぶ」という意味のようです。
「みだりに」という意味については、その行為自体が危ないためではないかと思います。
(こちらもはっきりはしていない)

二つを合わせると、「川が乱れ、あふれ広がる」という意味になります。
危ない状態になってあふれるものと考えておきましょう。


ちなみに、「決壊」は堤防が壊れる意味です。
詳しくは「決壊の意味」へ。


<氾濫の使い方>

・氾濫の恐れがあるとして避難指示を出した。

・多摩川で氾濫注意水位を超える。

・意味のわからない横文字の役職が氾濫している。


以上、氾濫の意味でした。

氾濫はよくあることなので、他人事と思わずいつかは我が身と備えておきたい。
ただ、この氾濫が海にも土地にも恵みをもたらす良いことだったりします。
氾濫対策(治水)は自然破壊になっていることも忘れてはならない。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「懸賞6億円 96年のテロで逮捕」

「賞」はわかると思いますが、
「懸」とはどのような意味なのか?
懸賞を貰うためにも意味を知っていれば有利、かもしれない。

<懸賞の読み方>

これは、

「けんしょう」

と読みます。


「懸」の訓読みは「かける」です。
「かける」はよく使う言葉ですが、意味も漢字も多いので迷うところです。


<懸賞の意味>

これは、

「賞をかける」

という意味になります。

具体的には、

「物事を達成等した人に賞金や賞品を差し出す」

という意味で使われています。


「かける」というのは、高いところから吊り下げるなどし、
多くの人の目に付かせ、認識してもらうことを意味します。
気持ちをそちらに向かわせたりと、主に心にかける意味で使います。

よって、「6億円の賞金だ!」とかかげることが「懸賞」となります。
「命を懸ける」や「全てを懸ける」などはこの漢字です。


「懸賞」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「懸」は「かける、つりさげる」という意味の漢字。
字源は「木に吊り下げた首」を表します(おそらく敵国の戦士の首)。
「ここは我が国の領土だ!」とわかるようにするものです。

「県」は「縣」が正字です。
この漢字が領土等を表す意味で使われたため、
区別すべく「心」を追加し、「懸」の漢字が生まれました。

「賞」は「たまわる、ほめる」という意味の漢字。
字源は「貝(お金)」と「商」の組み合わせ。
「商」は「神に真意を問う行為」を表す漢字。
神や上の立場のものから認められた「功の褒美」という意味になります。

二つを合わせると「功の褒美をかける」となります。
頑張った人にやるぞ!という感じです。


<懸賞の使い方>

・ウィークリー懸賞付きクイズ。

・犯人情報に懸賞金700万円。

・学生を対象とした懸賞論文を募集する。


以上、懸賞の意味でした。

ネットで調べると様々な懸賞が見つかります。
ただ、やはり甘い話しには罠があるかもしれない。
個人情報目的等、悪質な場合があることも頭に入れておきましょう。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「Mt.Gox、破綻前に証拠隠滅か」

Yahoo!ニュースでは丁寧にふりがなを付けられていました。
漢字の意味と読み方を理解しておこう。

<破綻の読み方>

これは、

「はたん」

と読みます。


「綻」は訓読みでは「ほころびる(綻びる)」と読みます。
編が「金」の「錠(ジョウ)」もあり、やや間違えやすいので注意。


<破綻の意味>

これは、

「衣服等が破れてほころびる」

という意味になり、その意味から

「まとまっている状態が維持できなくなる」

という意味で使われています。


物事が行き詰まり、手の打ちようがない状態になったものです。
冒頭の例文は「完全に潰れる前に証拠隠滅を図ったか?」という意味になります。

破綻の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「破」は「やぶる」という意味の漢字。
字源は「石」と「皮」の組み合わせ。
「皮」は「うねる」という意味になるので、「石のうねらす=石を砕く」という意味になる。
石は硬くて強い存在なので、「強いものに勝つ」という意味でも使われます。
例えば、「強豪を打ち破った」など。

「綻」は「ほころびる」という意味の漢字。
字源は「糸」と「定」の組み合わせですが、「定」の意味に諸説ありハッキリしない。
元々は「定」は「旦」で、「旦」は「夜明け(隠れていたものが顔を出す)」となり、
「衣服がほころびて肌が見える」という説もあります。

二つを合わせると、「ほころびてやぶれる」という意味になります。
着物がほころびて破れる。元はそんな意味です。

<破綻の使い方>

・中国「民間金融」相次ぎ破綻。

・財政破綻を回避する策を考える。

・国家が破綻すれば債権者が損失を被る。


以上、破綻の意味でした。


ずっと形を保つというのは難しいもので、いつ破綻してもおかしくない。
という危機感を持って日々過ごしていこう。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「兵舎崩落で23人死亡 ロシア」

「シリア爆発 世界遺産の壁崩壊」

今回はちょっとした類語を解説します。
漢字そのままの使い分けですが、「崩れ方(くずれかた)」で迷うところです。

<崩落・崩壊の読み方>

これは、

「崩落(ほうらく)・崩壊(ほうかい)」

と読みます。


<崩落・崩壊の意味>

これは、

「崩落:くずれ落ちること」

「崩壊:くずれ壊れること」

という意味になります。

意味としてはそう難しくないですが、使い分けがやや難しいです。


<崩落・崩壊の使い方>

「崩落」は「橋が崩落」など、高いところにあるものが落ちて崩れる場合に使います。
また、「株価が崩落」など、高いところから急に落ちる意味でも使われます。
「落」の漢字は、「木の葉が地面に至る=落ちる」という意味です。

「崩壊」は「堤防が崩壊」など、形を保っていたものが壊れて崩れる場合に使います。
「壊」は「土がつぶれる」ということを表した漢字です。


よって、「崩れ方」が「どのように」という考えでの使い分けです。
「ビルが崩壊?崩落?」と迷うところは多々ありますが、この場合はほぼ崩壊。
でも「ビルの足場が崩落」と詳細がわかれば変わるので難しい。

ちなみに、「倒壊」という言葉もあります。
これは「倒れ壊れる」となりますので、立っていたものが倒れる形で壊れたらこちらです。

なんとも使い分けが難しいですが、
漢字2文字で状況が伝わるだけに、しっかりと選びましょう。


--

以上、崩落・崩壊の意味と使い方でした。

おおよそ、見出しでこの言葉を使い、
詳細で「ビルの8階部分の床が抜けた」などと書くことになります。
見出しと違うやん!と言われないよう気を付けたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「神戸市議 政活費で架空委託か」

なぜこんな熟語を説明するのか?というのは訳がある。
と、ネタ切れの意味ブロ管理人が書いていきます。

<架空の読み方>

これは、

「かくう」

と読みます。

どちらも音読み。いたって普通です。


<架空の意味>

これは、

「空中にかけ渡す」

という意味になります。


電線を鉄塔間にかけ渡すイメージです。
雑学的なものとして、ロープウェーを「架空索道(かくうさくどう)」とも言ったり、
街中に張り巡らされている電線も「架空線」とも言います。

「架」は「木の棚」などかけ渡す役割の物全般に使います。
「加える」と「木」の組み合わせで、元は柱と柱の間にかけ渡す木を表したようです。

が、この意味としての使われ方はあまり見かけません。
多くの場合は

「事実に基づかず、想像によってつくりあげる」

という意味で使われています。

なぜか?ですが、
「空に架ける」ということは「何もないところに架ける」ともなります。
「もしこの空に架けたとしたら」と、「想像上のもの・実在しないもの」という意味で使われました。
「空に作る=想像」というものです。

「空」は「空事」や「空耳」など、想像や事実ではない意味でよく使われています。
昔の人は皆、空を見て考え事をしていたのかな、と考えさせられます。


<架空の使い方>

・架空の信託会社社員をかたる男から電話があった。

・架空の領収書を使って補助金を騙し取った疑い。

・架空線等上空施設の事故防止マニュアルを読む。


以上、架空の意味でした。

デジタル社会になって、より架空しやすくなったと思います。
その影響で、何が本当か?がわかりにくくなりました。
事実確認の徹底を。と社会人の基礎を忘れずに生きていきたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「遅すぎGT-R ル・マンで恥辱」

恥程度で済めばいいのですが、
次が無くなったりすると大変なものです。
そのため、中途半端にはやらず全力でやり遂げたい。


<恥辱の読み方>

これは、

「ちじょく」

と読みます。

「辱(ジョク)」は「屈辱(クツジョク)や「侮辱(ブジョク)」など、
意外とよく使っている漢字です。


<恥辱の意味>

これは、

「名誉などが傷つき、恥ずかしい思いをする」

という意味になります。


「対面・名誉などを傷つけること」とも辞書に説明があります。
恥を受けること全般を意味します。
冒頭の例文は、ル・マン24時間耐久レースでGT-Rが遅すぎてかつ、
トラブル続出で、笑いものになったという話しです。

では、漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「恥」は「はじ」という意味の漢字。
字源は「耳」と「心」の漢字の組み合わせで、
恥じると耳が赤くなることから、この組み合わせになったようだ。

「辱」は「はずかしめる、かたじけない」という意味の漢字。
字源は「貝で作った草刈の道具を持つ」となります。
そのため、本来の意味は「草を切る」のようです。
それがなぜ「はずかしめる」という意味になるのか?ですが。
実はよくわかっていない。

二つを合わせると、「恥ずかしいことをして辱めを受ける」となります。
「屈辱」は「屈服させられて辱めを受ける」という意味になります。
それぞれ使い分けましょう。


<恥辱の使い方>

・彼ほどFIFAに恥辱をもたらした者はいない。

・長い間恥辱に耐える日々を送った。

・恥辱の結果になった試合だ。


以上、恥辱の意味でした。

失敗すると恥をかくものですが、
かといって恥を恐れていてはいけない。
恥辱なんて気にせず正しいと思ったことはやり遂げたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「バーベキューをしよう!」

という季節になりました。
さて、焼肉とはどう違うのか?今年こそは意味を知りたい。
英語では「barbecue」と書き、略して「BBQ」または「Bar-B-Q」となります。

<バーベキューの意味>

これは、

「牛や豚の丸焼き・じか焼き」

という意味から転じて、

「屋外での焼肉パーティー」

という意味になります。


語源は「丸焼きにする台」となります。
屋外で大きな肉を焼いて、大勢で食べることから、
「屋外での焼肉パ-ティー」としての意味が定着しました。

屋外で大勢で食べる焼き肉なんかを「バーベキュー」と呼び、
家で家族で食べるような場合は「焼肉」と呼ぶようにしましょう。

語源としても、肉を焼く大きな台を使う料理=直火で肉を焼く=屋外になります。


<バーベキューの使い方>

・手ぶらでバーベキューが楽しめる施設です。

・ファンの交流を目的としたバーベキューパーティー。

・横須賀新港にBBQパークが誕生。


以上、バーベキューの意味でした。

庭でやるのは煙で迷惑がかかる恐れがあるので、
できれば河原など何も気にすることないところでやりたいものです。
大雨での増水による事故だけは十分ご注意を。

<次の言葉の意味も知ろう!>