意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「何卒ご教示よろしくお願いいたします」

仕事しているとよく見かける言葉ではないかと思います。
使う人は使う、使わない人は使わない言葉ですね。


<ご教示の読み方>

これは、

「ごきょうじ」

と読みます。


<ご教示の意味>

これは、

「示し教える」

という意味になります。


漢字の通りなので、さほど難しくはないです。
簡単に言うと、「教えてください(ご指導してください)」という意味です。
客先との対応で困った時、上司に「対応方法についてご教示お願いいたします」とメールすると、
上司は「その場合はまずは誤ろう。なぜなら・・」と教えてくれます。

「示して教える」という意味なので、
相手に例を見せるなどして教えるような言葉となります。


<ご教示の使い方>

・弥生会計09の使い方についてご教示ください。

・使い方をこの相談室でご教示くださり大変に感謝しております。

・関連コンテンツを表示する手法やモジュールをご教示願います。


以上、ご教示の意味でした。

ちょっと偉そうな響きがあるので、
新入社員ならば「どうか教えてください」と普通に書いた方が無難かもしれません。


留意の意味 | 意味ブロトップへ | FAQの読み方

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
これはまさに使う人は使う、
そして使わない人はまったく使わない言葉ですね。
かくいう私もまったく使わない側です。
というよりも使う機会がないといったほうが正解のような気もしますが、
一度は使ってみたい気もします。
2014/03/17(月) 20:38:08 | #-[ 編集]
目上の人や取引先に確認したいことや、わからないから教えてほしい時など、仕事の時はよく使います。教えてください、
よりも少しかしこまりたい時には便利ですよね。
たまに「ご教授ください」と書いてくる人がいて、違いは何だろう?間違い?と思う時があります。
どちらでも意味は通じますが、厳密には違うのでしょうか・・。
2014/04/16(水) 10:19:38 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する