意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「首相 激甚災害指定の方向」

これは読めない人が多そうだ…。
検索する人続出だろう。
使命感を感じて書くことにします。

<激甚の読み方>

これは、

「げきじん」

と読みます。

「甚」は「甚大な(じんだいな)」や、
訓読みでの「甚だしい(はなはだしい)」などに使われています。


<激甚の意味>

これは、

「激しくはなはだしい」

「激しく度が越えている」

という意味になります。

「はなはだしい」というのは、
「程度が普通の状態をはるかに超えている」という意味。

「激甚」はそれをさらに超えるような、
非常に大きな問題・被害などが起きた場合に使います。

首相の発言の「激甚災害指定」というのは、
「とても激しい被害の災害と指定」という意味になります。
トップレベルの災害認定というところです。


漢字それぞれの意味と語源も説明します。

「激」は「はげしい」という意味。
字源は「川」と「強く叩く」の組み合わせ。
「叩くような強い川の勢い」となり、「はげしい」という意味になる。

「甚」は「はなはだしい」という意味。
字源は「かまど」と「鍋」の図=「置きかまど」です。
それがなぜ「はなはだしい」という意味になったのか?ですが、
かまどは火力が強いので「煮過ぎる=激しい=度を越えている」
という意味になったという説があります。
明確にはなっていない。

二つを合わせると「度を越えて激しい」という意味になる。
想像のはるか上というイメージです。


<激甚の使い方>

・早期の激甚災害への指定について速やかに対応する。

・激甚な損害を受けた。

・激甚化する集中豪雨。


以上、激甚の意味と読み方でした。

年々激しくなっていっている気がします。
今は大丈夫でも次は大丈夫じゃない。
そんな気持ちでいきたい。





| 意味ブロトップへ | 避難の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する