意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「辺野古 県『次の手』に苦慮」

「慮」が付く熟語は数多くあります。配慮、考慮など。
「慮」の意味を知って、しっかりと使い分けたい。


<苦慮の読み方>

これは、

「くりょ」

と読みます。


「慮」は音読みの「リョ」としかほぼ読みませんが、
一応、訓読みで「慮る(おもんばかる)」があります。


<苦慮の意味>

これは、

「あれこれと思いをめぐらせて苦しむ」

という意味になります。


物事の解決のために考え悩み、苦しむという意味になります。
冒頭の例文は、「次の手」をいろいろ考えているが、悩み苦しんでいるという意味です。


「苦慮」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「苦」は「くるしい、にがい」という意味の漢字。
字源は諸説ありますが「草」と「かたい」の組み合わせ。
字源はなんにせよ、それで「にが菜」を意味する漢字です。
その苦さから転じて「くるしい」という意味にもなりました。

「慮」は「おもんばかる(思いをめぐらす)」という意味の漢字。
字源は「囲む」と「思い」の組み合わせ。
「思いを囲む」となり、一つの物事に複数の思いを持つような意味になります。

二つを合わせると、「思いをめぐらせて苦しむ」という意味になります。


<苦慮の使い方>

・沿岸住宅地上昇で被災者苦慮。

・実態つかめず対応に苦慮している。

・扱いに苦慮する。


以上、苦慮の意味でした。

良案が思い浮かばない場合、失敗覚悟で実行することがあります。
当然ながら何かしら失敗はすることになりますが、
そこで何か突破口を見つけ、苦慮から脱出したいものです。


虚偽の意味 | 意味ブロトップへ | 墜落の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する