意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「ルーチン業務の効率化をやっていきましょう。」

リーマンとしては重要なところです。
パソコンのブラインドタッチは特に必須と思います。
元はフランス語で「routine」と書きます。

<ルーチンの意味>

これは、

「決まりきった手順、日常の仕事」

という意味になります。


冒頭の例文は、「日常業務の効率化」という意味です。
例えば、型にはまった事務処理や、いつもの部品の補充などなど。
毎日やる仕事なので、効率化が重要な課題となります。

ルーチンの語源は「route(ルート)」で、「道」を意味する言葉です。
ルーチンはその形容詞型となります。
ただ、「道のようなもの」を表す名詞型としても使います。

この語源から直訳すると、「ルーチン業務=道のような業務」となり、
「決まった通りに進む業務」という意味になります。


いつもの仕事はなかなか変えられないものですが、
常に革命を起こすような気持ちで仕事をすることが大事です。
また、「本当にやらないといけない仕事?」と疑問も常に持ちたい。

ただ気をつけたいのが、何事も「理由があってやっている」わけですので、
理由も知らずに「これは無駄だ!」というと反論をくらいます。
理由を知る、他のやり方を考える、代替案を提示する、という流れでいきましょう。


<ルーチンの使い方>

・ルーチンワークの割合が多い。

・長年ルーチンを繰り返していた。

・もっとも効率の良いルーチンを確立した。


以上、ルーチンの意味でした。

パソコン業務が多い現代は、自動化をすると効率化にとても貢献できます。
定例の資料作成なんかも、プログラムを作ればクリック一つでOKです。
作るのには時間がかかりますが、とても楽になりますので、是非挑戦してみてください。

工面の意味と読み方 | 意味ブロトップへ | スーツの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/17(火) 01:08:52 | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する