意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「バイオレンス描写が話題に」

意味は説明するまでもありませんが、
語源とちょっとした間違いなどをご紹介。
英語では「violence」。


<バイオレンスの意味>

これは、

「暴力・乱暴・猛烈」

などの意味になります。


冒頭の例文は「暴力描写が話題に」という意味です。
※描写=びょうしゃ(描き写すという意味)

バイオレンスの語源は、ラテン語の「力で扱う」という言葉。
「バイオレイト(violate)」という動詞が元で、
それから名詞型・形容詞型などに発展しました。

その「力で扱う」という意味から転じて、
「暴力をする、法律等を犯す」などの意味になったものです。

バイオレンスはその名詞型となります。

まとめると、

動詞:violate
形容詞:violent
名詞:violence
名詞(行動系):violation


日本のカタカナ語では、
「violent(バイオレント)」と「violence(バイオレンス)」がよく使われます。

が、この使い分けにかなり間違いが見られます。
次に使われ方と意味・正しい使い方などを説明していきます。


<バイオレンス・バイオレントの使い方(使われ方)>


・○ドメスティック・バイオレンス(DV)。
→「家庭内・暴力」

・○バイオレンスアクションが売りです。
→「暴力行為」

・×バイオレンスさに定評がある。
→「暴力さ」と名詞に「さ」を付けるのはおかしい。
 形容詞型の「バイオレントさ」が正しい使い方です。

・×バイオレンスな表現が求められる。
→「暴力な表現が」になりおかしい。
 ここも形容詞型の「バイオレントな表現が」が正しい。

・○バイオレンス性も高くなる。
→「暴力性」

・○楽しいバイオレンスがたっぷり見られる。
→「楽しい激しい行為」

・○バイオレンス過ぎると話題に。
→「激し過ぎる」。

・×バイオレンスな予告編。
→「暴力な予告編」となりおかしい。
 形容詞型の「バイオレントな予告編」が正しい。


注:日本でのカタカナ語は名詞・形容詞が曖昧なので、
  英語的には間違いですがカタカナ語として間違いとは100%言い切れないところはあります。


以上、バイオレンスの意味でした。

できるだけ冷静に、平和に過ごしていきましょう。
でもそんな世の中だからこそ、バイオレントな作品が人気があるのかもしれません。


峻烈の意味 | 意味ブロトップへ | 傑作の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する