意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「ビュッフェとバイキングの違い」

よく話題になる疑問ですが、
ここは意味ブロらしく根本的な意味から解説します。


<ビュッフェの意味>

これはフランス語で、元々は

「飾り棚」

という意味でした。

上段は棚、下段に扉のつく飾り棚を「ビュッフェ(buffet)」と呼ばれました。

※当時のビュッフェ

byuffe.png

http://yokoyamakagu.com/より引用

ここにちょっとした料理を置いて、
立食で食べるスタイルが流行ったらしく、
「ビュッフェ=好きに取る=立食」という意味で使われるようになりました。

ビュッフェだけでなく、カウンターでも同じようなことをしたので、
列車の簡易食堂やバーのカウンターで提供される形式の食事も意味します。
※この場合、背もたれがない椅子に座って食べるスタイルもあります。

よってビュッフェは、
「自分で料理を好きに取って立食する」
というスタイルの食事となります。


「食べ放題」という意味ではありませんが、
結果的に食べ放題であることは多いです。

日本でのビュッフェは料理を取る時は立ちますが、
食べる時は座ることがほとんどとなります。
後述する「バイキング」として使われている場合が多いので気をつけましょう。


<バイキングの意味>

バイキングは「食べ放題」を表す言葉ですが、
元々は西ヨーロッパに存在した海賊のことを表す言葉でした。
よって、料理とは全く関係のない言葉です。

なぜバイキングが「食べ放題」になったのか?
それは、1957年に帝国ホテル支配人の犬丸徹三という人が、
旅先のデンマークで目にしたスウェーデン料理「スモーガスボード」がきっかけです。

「スモーガスボード」というのはビュッフェ形式の食べ放題料理。
そのまま日本に導入しようとしたのですが、
名前が難しいという理由から違う名前を考えたそうです。

当時、「バイキング」という映画が流行っており、
その食事風景が豪快で印象的なものであったことから、
流行に乗る形で「バイキング」と命名されました。

そのため、バイキングというのは日本独自の料理スタイル名となります。
ほぼビュッフェ形式ですが、「オーダーバイキング」と注文し放題のバイキングもあります。


<日本での食べ放題の名称いろいろ>

ということで、日本ではビュッフェもバイキングほぼ同じ意味です。
ただ、「ビュッフェスタイル」では、食べ放題とは書いておらず、
「自分で取って立食するスタイル」となるので、食べ放題ではない可能性があります。

そんな名称をいろいろ集めました。

・ビュッフェレストラン
→テーブルにある料理を好きに取って食べるレストラン

・ビュッフェスタイルレストラン
→上記と同様

・デザートビュッフェ
→好きなデザートを取って食べるスタイル

・朝食ビュッフェ
→テーブルにある料理を好きに取って食べる朝食

・ランチビュッフェ
→ランチ料理を好きに取って食べるスタイル

・イタリアンビュッフェ
→イタリア形式のビュッフェではなく、イタリア料理を好きに取って食べるスタイル

・ビュッフェ・バイキング
→食べ放題がビュッフェ形式と明確にしたもの

・バイキングレストラン
→食べ放題のレストラン

・ディナーバイキング
→食べ放題の晩御飯


・・・・キリが無いので打ち切り。


以上、ビュッフェとバイキングの違いでした。

バイキングは食べ放題しかないので安心ですが、
ビュッフェはただの立食である可能性があるので注意してください。


中庸の意味 | 意味ブロトップへ | 拿捕の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
参考になりました!
和製英語について調べていて、参考にさせていただきました。

海外に住んでいるため、バイキングと言う言葉がまだ日本で一般的なのかがちょっと気になるところです。
2016/02/29(月) 17:05:09 | Eriko Kasai #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する