意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「役不足です」

よく「誤用」で話題になる言葉です。
漢字から理解しておこう。


<役不足の読み方>

これは、

「やくぶそく」

と読みます。


<役不足の意味>

これは、

「与えられた役に満足しない、能力に対して役目が軽すぎる」

という意味になります。


この言葉は誤用がとても多く、
「私ではその役をする能力が足りません=力不足」としたり、
「その仕事をする人が不足している」と間違っている人が半数ほどいるようです。

そうではなく、逆の「そんな役では簡単過ぎる」という意味が正解です。
そのため力不足という意味で使ってしまうと、勘違いさせてしまいます。


漢字から理解すると意味がよくわかりますので、
「役不足」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「役」は「与えられた仕事、国からの任務、責任ある仕事」などの意味の漢字。
字源は「道を行く」と「羽をつけた矛(儀式で使う矛)を持つ」という漢字の組み合わせ。
国を守る任務のため出発することを意味しています。

「不」は「いな、~でない(打ち消し・否定)」という意味の漢字。
字源は「花の萼柎(がくふ=雌しべの外側。「はなぶさ」とも言う)」を表す図です。
ふっくらと大きくなることから、「大きい」という意味でも使われました。
それが本来の意味なのですが、この漢字の発音が否定の発音と同じだったので、
「否定・打ち消し」の意味になったようです。

「足」は「あし、たりる、たす」という漢字。
字源は「膝から下=足」を表す図です。
「足がある=満たす」ということから、足りるという意味になりました。
また、「足す」は「満たすために行う」という意味になります。

よって「不足」は「満たしていない」という意味になります。
これに「役」を加えると、「与えられた仕事は満たさない」となり、
「役不足」は「自分の能力が満たされない仕事」を意味します。


考え方としては、「そのもので満たすことができるか?」です。
「役不足」は「役では満たすことができない」となります。
そう考えると、誤用も無くなるでしょう。


<役不足の使い方>

・彼はコーチだと役不足だろう。

・この仕事は役不足だから転職を考えている。

・役不足にならないよう気をつけて人事を行った。


以上、役不足の意味でした。

ネットのニュースでも普通に間違って使われています。
そのため、必ず勘違いをさせてしまうので使わないことをおすすめします。



献金の意味 | 意味ブロトップへ | リーガルの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する