意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「和田は逡巡することなく受けた」

日常ではこんな難しい漢字を使うことはあまりないですが、
ニュースなどでは時々使われます。できれば言い換えてほしい。


<逡巡の読み方>

これは、

「しゅんじゅん」

と読みます。


<逡巡の意味>

これは、

「決断をためらう、ぐずぐずする」

という意味になります。


冒頭の例文は、「和田はためらうことなく受けた」という意味です。
できればこのように100%意味が通じる言い方にしてほしい。

ただ、漢字の意味がわかれば、より深い意味がわかりますので、
「逡巡」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。


「逡」は「しりぞく」という意味の漢字。
字源は「進む(道を行く)」と「田の神様」の漢字の組み合わせ。
神を前にして頭を下げて進む様子を表しています。
よって、「退く」という意味になります。

「巡」は「めぐる」という意味の漢字。
字源は「川」と「進む(道を行く)」の漢字の組み合わせ。
川に沿って進む=定まった道を進むことを意味します。
また、一周して元に戻るという意味にもなります。

二つを合わせると、「退き元に戻る」という意味になります。
いつまで経っても進まない=ぐずぐずするさまを表わします。


ただやることが遅いという意味ではないので注意してください。
決断をためらい、退いてしまうときに使いましょう。


<逡巡の使い方>

・家電量販店で逡巡すること1時間。

・首相の発言には逡巡が感じとれる。

・逡巡せず気楽にやっていこう。


以上、逡巡の意味でした。

全てを迷いなく決断することはできないので、
誰でも逡巡するものですが、ぐずぐずし過ぎるのは良くないと思います。
7割くらい良いと思えば決断してしまうよう心がけたい。


疑惑の意味 | 意味ブロトップへ | 彗星の意味と語源

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する