意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「キュレーションメディアが多くなってきた」

最近IT系のニュースでよく見かけるカタカナ語です。
英語では「curation」。最近できた用語のようで、英和辞典にはありません。


<キュレーションの意味>

これは、

「収集して管理する、世話をする」

という意味の言葉で、IT用語としては、

「ネット上のコンテンツを収集し、独自に編集して提供するサイト(まとめサイト)」

という意味で使われています。


もっと言えば、「パクリサイト」や、「無断転載サイト」などとも呼ばれています。
著作権的に違法なサイトがほとんどで、何かと話題にはなりますが、人気が高いサイトです。
パクられた側には恩恵が無いことがほとんどなので、批判の的でもあります。
実際に訴えられて賠償金を支払うケースもあるので、
安易にキュレーションサイトを作るのは止めておきましょう。


代表的なキュレーションサイトとしては、「NAVERまとめ」があります。
その他、個人としては「2ちゃんまとめ」が有名で、無数に存在します。
企業が堂々と法律違反を行い成功する、なんとも不思議な現象です。
Googleも似たようなものですが、恩恵が大きいので受け入れられていると思います。


キュレーションの名詞型としては「キュレーター(curator)」で、
「学芸員・館長」という意味で使われています。「収集し管理する人」です。
実際には名誉ある職業ではありますが、ネット上ではそうでもないので、
「私はキュレーターです」というのは止めた方が良いと思います。


<キュレーションの使い方>

・観光情報を見やすくまとめている旅行キュレーションサービス。

・キュレーションプラットフォームの「MERY(メリー)」が買収された。

・人気記事をキュレーションして届けるサイトです。


以上、キュレーションの意味でした。

何事でも、自分さえ良ければ良いというものではなく、
相手の気持ちを考え、お互いが気持ちよくなる仕事をしていきたいものです。


バイラルの意味 | 意味ブロトップへ | 傲慢の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する