意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「傲慢な態度をとるやつだ」

いざ漢字で書こうと思うとなかなか書けない言葉。
ほとんど見ない「傲」の意味を知っておこう。


<傲慢の読み方>

これは、

「ごうまん」

と読みます。


<傲慢の意味>

これは、

「自分が他者よりも優れていると考え、人を見下し礼を欠くさま」

という意味になります。


辞書的には「おごりたかぶって、人を見下すさま」とあります。
偉そうにして相手を馬鹿にする態度をとる人のことです。
そうなってはダメと、常に謙虚で素直な姿勢を心がけましょう。


「傲慢」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「傲」は「おごる、あなどる」という意味の漢字。
字源は「人」と「死者を叩いて壊す」という漢字の組み合わせ。
戦いで勝利した相手(死体)などの首をはね、「どうだー」という漢字です。
実際にはそうして敵に呪いをかけるなどすることが目的のようです。
そのさまから、「おごる、相手を見下す」という意味になりました。

「慢」は「おこたる、おごる、あなどる」という意味の漢字。
字源は「心」と「頭から被った布の間から流し目で見る」という漢字の組合わせ。
馬鹿にしたような感情で見ることを表します。
その意味から、「自分は凄い」と「おごる」という意味に、
また、余裕なさまから「心が緩む」という意味にもなります。

二つを合わせると、
「相手を見下しておごる」となります。


この意味の「おごる」は「傲る」と「驕る」があります。
一般的には「驕る」がよく使われています。

「驕」も「おごる」という意味の漢字。
字源は「背の高い種類の野生の馬」という意味の漢字。
言うことを聞かないさまから、「おごる」という意味で使われました。


類語も少々説明。

「自慢」は「自分自身をおごる」という意味。

「高慢」は「高いものと考えおごる」という意味。
地位や能力などが高いと思い、うぬぼれるさまです。

「暴慢」は「おごり乱暴なさま」という意味。


他にもありますが漢字の意味がわかればおおよそ理解できます。


<傲慢の使い方>

・部下には傲慢な態度で振る舞う上司。

・傲慢なアメリカに対する報復と発言した。

・巨大な組織になったために傲慢さが出てきた。


以上、傲慢の意味でした。

人を馬鹿にして良いことは何もないので、
良いところを見つけるよう意識して素直に生きていきたいです。


キュレーションの意味 | 意味ブロトップへ | 金融の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する