意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「2発の本田にピッポ監督『すべてが称賛に値する』」

変換しようとすると同音異義が複数あって迷う言葉です。
それぞれ意味を知っておきたい。

<称賛の読み方>

これは、

「しょうさん」

と読みます。


<称賛の意味>

これは、

「褒めたたえる(良いと認めて褒める)」

という意味になります。



「称賛」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「称」は「ほめる、はかる、あげる、となえる」という意味の漢字。旧字体は「稱」。
字源は「米」と「天秤の重り」で、米の重さを量ることを表します。
その意味から、「量る、米を上げる、重さを言う」などの意味で使われます。

ただ、日本では「一人称、仮称」など呼び名や、
「称賛」など褒めるという意味で使われることがほとんど。

この意味になるのは「偁」という漢字の意味が合体したからです。
「偁」は「人」と「天秤の重り」となり、「天秤で人を上げる」という意味。
上に立つものがその人の行為に価するものを与える=褒める、という意味になります。
また、「その重り=その人の価値と同じ」ともなるため、呼び名という意味もあります。

「賛」は「たすける、たたえる」という意味の漢字。旧字体は「贊」。
字源は「貝」と「すすめる」という漢字の組み合わせ。
「貝(昔のお金)をすすめる」となり、お金を贈ることを意味します。
その意味から「他人を助ける」、「贈る=褒める、良いと認める」という意味になりました。


二つを合わせると、「良いと認め褒める」という意味になります。


類語で「賞賛」がありますが、
これは「良いと認めて褒美を与える」という意味になります。
よって、「称賛」と「賞賛」は言葉で褒めるか金品で褒めるかで使い分けましょう。

「賞讃」「称讃」と「讃」の漢字を使う場合もありますが、
その漢字は「賛」に統一されほとんど使われていません。
「讃」は「お金を贈り礼など相手への言葉を言う」という意味になります。
無言で贈ることはないので、「言」は無くてもほぼ意味は同じです。


<称賛の使い方>

・4得点のアグエロを称賛する。

・素晴らしい成果を出した彼に称賛の言葉を贈った。

・ノーベル賞の3人を世界が称賛。


以上、称賛の意味でした。

いろいろ細かく書き過ぎましたが、ただ「凄いと感じて褒める」という意味です。
凄いことは凄いと褒め合い、やる気が出る毎日を心がけたいです。


ハレーションの意味 | 意味ブロトップへ | プロパガンダの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する