意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「川内原発 住民説明会で怒号」

号って何?と思ってしまう言葉。
よく使う漢字なので本来の意味を知っておきたい。


<怒号の読み方>

これは、

「どごう」

と読みます。


<怒号の意味>

これは、

「怒って大声で叫ぶ、またはその声」

という意味になります。


「風や波の激しい音(怒っているような音)」という意味もありますが、あまり使いません。
基本は「人が怒った大きな声」として考えれば良いでしょう。


ではなぜ「号」が付くとその意味になるのか?
「怒号」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「怒」は「おこる、いかる」という意味の漢字。
字源は「心」と「奴(女の奴隷(どれい))」という組み合わせ。
「奴隷=感情を強める」という意味があり、心を強める=怒るという意味になったようです。

「号」は「さけぶ、呼ぶ」という意味の漢字。旧字体は「號」。
実際には「号」も元からある漢字なのですが、「號」が簡略化され同じ漢字になったようです。

「号」の字源は「神に祈る詞を入れた器(祝祷)」と「木の枝」の漢字の組み合わせ。
木の枝に乗せた祝祷に対し大きな声で責めたてて効力がある状態にして、神に訴えることを表す漢字のようです。

「號」はそれに「虎(トラ)」を加えたもので、
「虎の大きな声=叫ぶ、呼ぶ(求める声)」という意味になります。

その意味から、「呼び名・名称・合図」という意味にもなり、
「記号」や「信号」などよく使われるようになりました。


類語も説明します。

「号外」というのは「外」の「号」という意味になり、
「基本となる号から外れて発行される発行物」という意味で使われます。

「号泣」は「泣いてさけぶ」という意味になります。

「号令」は「令をさけぶ」となり、大声で命令することを意味します。


いろいろありますが、「さけぶ」または「呼び名」という意味で考えれば大丈夫です。


<怒号の使い方>

・「責任取れ」と事業者から怒号が飛び交った。

・ファン怒号の逆転負けとなった。

・怒号の中で会議は進行した。


以上、怒号の意味でした。

怒って大声を出すのは賛否両論ありますが、人間の本能としての攻撃手段なので仕方ない。
人は怒られないと動かないことも多いので、言うことは言った方がいいと思います。
ただ、素直で謙虚な姿勢は忘れてはならない。相手を理解し、あえて怒るようにしたいものです。



贖罪の意味 | 意味ブロトップへ | 猛烈の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する