意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「年の瀬が迫る」

意味はわかると思いますが、「瀬」って何?という疑問を無くすために説明。


<年の瀬の読み方>

これは、

「としのせ」

と読みます。


「瀬」は音読みで「ライ」と読みます。


<年の瀬の意味>

これは、

「年末・歳末・年の暮れ」

という意味です。


一年の終わり頃を表す言葉は複数あり、その中の一つです。
ではなぜ「瀬」なのか?語源や字源を説明します。

「瀬」は「あさせ、はやせ」という意味の漢字。 正しい字は「瀨」。
字源は「川」と「切れ目が入る」という漢字の組み合わせ。
イメージとしては渓流のゴツゴツした石の間を流れる川です。
よって、「浅いところ」「流れが速いところ」という意味になります。
また、「立てるところ」という意味もあります。

「年の瀬」は「年の流れが速いところ」という意味になり、
一年の中で一番忙しい年末の慌しさを表したものです。

語源としては、江戸時代は後払い(つけ)がほとんどだったようで、
そのため年内には未払いであるものを清算しないといけないので、
金銭の調達が慌しい=一番動きが速い時期=年末として使われたようです。

「師走(しわす)」など、何かと年末は慌しさを表す言葉が多いですね。
現代はそれほどでもないと思いますが、来年への持ち越しを無くすよう急ぎたいものです。


この漢字は「瀬戸」とともよく使われます。
よって、ついでに「瀬戸際」の意味も説明します。

<瀬戸際(せとぎわ)>

「瀬戸」は「海が狭くなっているところ=海峡」という意味です。
その「際」ということで、「海から瀬戸にさしかかる境目」を意味します。
瀬戸は難しく危険なところなので、
そこに入るところが勝負どころ=成功・失敗の分かれ目という意味になります。

「瀬戸内海」「瀬田」など地名でもよく使われます。


<年の瀬の使い方>

・年の瀬はゆっくり過ごしたい。

・ノルマ未達成のまま年の瀬を迎えてしまった。

・年の瀬のビジネス街は静かなものだ。


以上、年の瀬の意味でした。

余裕を持った年の瀬にしたいのもありますが、
それよりもこの一番良い季節(秋)を悔いなく楽しみたいなと思います。



後生の意味と読み方 | 意味ブロトップへ | プリズンの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する