意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「殊勝な顔で相手に頭を下げた」

どんな勝ち方だ?と考えると意味がわからない言葉。
漢字それぞれの意味を詳しく知っておきたい。


<殊勝の読み方>

これは、

「しゅしょう」

と読みます。


<殊勝の意味>

これは、

「普通の人とは違い優れたさま(立派で感心するような優れたさま)」

という意味になります。


冒頭の例文は「感心するほど立派な顔で相手に頭を下げた」というような意味になります。
「この人は違う」というような優れた様子を表します。


「殊勝」の漢字それぞれの意味と語源。由来を説明します。

「殊」は「殺す、普通とは異なる」という意味の漢字。
字源は「死体」と「株」の組み合わせ。
「真っ二つに切り殺す(死罪)」という恐ろしい漢字です。
その意味から「異なるものになる」や、
死罪の勇敢なさまから「特別な、優れている」という意味にもなりました。

「勝」は「勝つ、まさる、耐える」という意味の漢字。
字源は「大きな器に物を入れる」と「両手で支える」と「農具」の漢字の組み合わせ。
「大きな器に入れた奉げ物を両手で支え、農具を祀る」という意味のようです。

その意味から、「耐える、力がある」という意味になりました。
また、「神意にかなう」という意味で、「利を得る=勝つ」という意味になったようです。

二つを合わせると、「人とは異なり勝る」という意味になります。
「この人は違うなぁ」と感心したりする、特別に優れたさまです。


「あいつは違う。感心だ。」というように褒める場合に使いましょう。


<殊勝の使い方>

・1つ1つ頑張りたいと、殊勝な態度が好印象だった。

・殊勝な気持ちが伝わるメッセージ。

・首相と会談した石破幹事長(当時)は殊勝な言葉を並べた。


以上、殊勝の意味でした。

人は「こいつは違うな」と思うと感心して良い印象を持つものです。
「やらなきゃいけないとわかっているけど、やっていない。」
そんなことを進んでやるよう心がけていきたいです。

プリズンの意味 | 意味ブロトップへ | カタルシスの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する