意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「クールで聡明な女性弁護士」

読めそうで読めない漢字。
すらっと読めるようにしておきたい。


<聡明の読み方>

これは、

「そうめい」

と読みます。

「聡」は「さとし」と人名でよく使われます。
これは訓読みですが、一般的な訓読みは「さとい」です。


<聡明の意味>

これは、

「物事の理解が早く賢い」

という意味になります。


この良い意味から人名漢字としてはよく使われています。

では具体的にどうしてその意味になるのか?
聡明の漢字それぞれの意味と語源。由来を説明します。

「聡」は「耳がよく聞こえる(理解が早い)」という意味の漢字。旧字体は「聰」
字源は「耳」と「窓(まど)と心=明察(状況をよく見抜くさま)」の組み合わせ。
合わせると「聞いてよく見抜く」という意味になり、耳が良い、理解が早いという意味になる。

「明」は「あきらか、あかるい」という意味の漢字。旧字体は「朙」
字源は「窓」と「月」という組み合わせ。窓から差し込む月の光を意味します。
その意味から「明るい、よく見える」という意味になります。
また、元は建物内の神を迎えて祀る月光があたる場所のこと。
よって神を意味する言葉でもあります。「明神」などよく使われています。

二つを合わせると「目がよく見え、耳もよく聞こえる」となり、
理解力、判断力が優れたさまを表わします。


<聡明の使い方>

・天性の明るさと聡明さが評価された。

・監督はとても聡明で信頼できる人だ。

・聡明な人を集めた会議。


以上、聡明の意味でした。

視野が広く、聞いたことを真意を理解できる。
そんな人間になるよう、意識して生き続けていたい。
意識するだけでもだいぶ変わるかなと思います。

カタルシスの意味 | 意味ブロトップへ | 席巻の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する