意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「ドラッカーと孔子の2,500年を経た邂逅である。」

なんて文章を見かけたので紹介。まさに邂逅。
時々見かけるので、意味と読み方は知っておきたいです。

<邂逅の読み方>

これは、

「かいこう」

と読みます。


「わくらば」とも読みますが、一般的ではありません。
訓読みでもないので、古語の当て字かもしれません。

基本は音読みの「かいこう」で良いでしょう。


<邂逅の意味>

これは、

「思いがけなく出会う、偶然の出会い」

という意味です。


冒頭の例文は簡単に言うと、
「ドラッカーと孔子の思想が偶然にも合わさった」という意味になります。
全く時代も分野も違う二人ですが、これは思いがけない出会いだ、と。


では次に「邂逅」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

辞書を引いてみると、それぞれ「会う」という同じ意味になっていますが、
漢字が別れているということは、同じ会うでも意味が違うはずです。

ただ、漢和辞典などを見ても詳しい解説が無い。
よって漢字の組み合わせから考えると、

「邂」は「行って解く」(会って打ち解ける)
「逅」は「道で組み合わさる」(偶然に出会う)


という意味になると思います
どちらも「会う」という意味には違いないですが、意味は違います。


二つを合わせて熟語にすると、

「道で偶然に出会い打ち解ける」

という意味になります。

偶然に出会ってかつ、悩みが取れた・仲良くなったという良い出会いですね。


ただ、「邂逅」は元々「解后」とも使われていたので、
「行く」という漢字の「辶」は後から意味をわかりやすくするため付けられたかもしれません。
そのためか、ほぼこの熟語専用の漢字となっています。

「解后」は「組まれていたものが解ける」という意味になります。


いろいろ書きましたが、
まとめると、「偶然な良い出会い」という意味です。
良い出会いとは辞書には書いていませんが、漢字的にはこうなります。

<邂逅の使い方>

・出張先で邂逅した二人。

・二人が邂逅した教会から物語は始まる。

・2年前の邂逅がきっかけで、家族ぐるみの仲となった。


以上、邂逅の意味でした。

「巡り合い(めぐりあい)」とも訳されます。
この広い世界で偶然に出会う。よく考えると毎日のようにあることです。
出会いは一度きりかもしれないと思い、大切にしたいものです。

「窮乏」 「呂律」 「朦朧」の意味と読み方 | 意味ブロトップへ | レコメンドの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
こんにちは。
邂逅、の意味を調べていたら、こちらのブログに辿りつきました。
とても分かりやすくて助かりました。ありがとうございます!!
2017/01/21(土) 13:42:26 | earth*angels* #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する