意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「今日も元気に働く」

この誰もが知っている「働」の意味と語源を紹介。
また、「なぜ働くのか」について、答えやすい回答を説明します。


<「働く」の意味>

これは、主な4つの意味があります。

1、仕事をすること全般 ・・・朝から働く
2、機能が発揮する、作用が現れる ・・・遠心力が働く、副作用が働く
3、精神が働く ・・・勘が働く
4、悪事をする ・・・盗みを働く


「役割を持っているもの動く」という意味全般です。


漢字の意味としては、「人が動く」です。
人が動く=働くという意味になっています。

しかし、この字は「国字」と言って、日本独自の漢字です。
元々は「動」が働くという意味になります。
中国語での「働く」は「労動」や「工作」という熟語になるようです。


ではなぜ「働」という漢字ができたのか?
まず、「動」の字源を説明します。

「重」は受刑者。「力」は農具を表します。
よって、「受刑者が農耕する=労働する」という意味になります。

しかし「動」は「仕事する=動く」という転じた意味での使用が主となったため、
「はたらく」を意味する漢字一文字がないことを不便に思い、
「働」という漢字を日本で作ったのではないかと思います。


次に「なぜ働くのか?」について、無難な回答を紹介します。


<人が働く意味>

人間は元々役割分担をしっかりして生きてきました。
農耕、狩り、政治、など一人一人役割を持って、人類が生き続けるために力を尽くす。
これが人間として基本の生き方であるため、

「社会の中で役割を持つ=働く」ということになります。

現代は仕事が複雑になり役割が曖昧になっていますが、
結果的にはどれもより社会の発展、人類の発展のために役割を持って力を尽くしているのです。


次に、生物が生きる意味についても説明します。


<生物が生きる意味>

生物は長い間繁栄してきました。
とても多くの種が生き延び、現代もあらゆる生物が生きています。

これは環境の変化に対して進化を繰り返した結果です。
決して一種で世界征服しようなどは考えず、生き続けることに力を尽くしています。
ここに生きる意味を考えるヒントがあります。

ここは人間も同じです。
生きる上で邪魔になる生物は絶滅させていたりしますが、邪魔にならない生物は故意に絶滅させません。
子孫がより生き残る続けるよう、本能的に行ってしまったことなのでしょう。

よって生物は、

「子孫を残し長く地球上に存在し続ける」ということが生きる目的です。

環境の変化に合わせて生き方を変え、子孫に生き方を伝える。
それを続けることにより、環境に適応し続けることができます。
また、生きていた環境に応じて体も進化します。特に苦労した点が改善されるよう思えます。
寿命が短い生物ほど、環境の変化に適応する進化が早いと考えられます。
恐竜が絶滅したのに体の小さい哺乳類が生き残ったのはこのためではないかと思います。


しかし、なぜそこまでして生物は行き続けるのか?
生き残った先に何があるのか?

・・・それは、わからない。


でも、きっと良いことがあるはずです。そう思いたい。
その良いことを自分が見ることは無いと思いますが、
より子孫が生き残れる環境を作り、苦労を経験して体を進化させ、力を尽くして生きる。
それが生きる目的です。

子供を産むことだけが生きる意味ではない。産まないと生物失格なんてことはない。
より生き続けられるよう、社会を良くしたり、世界を平和にしたり、
やれることはいろいろあります。

どうやったら子孫が長く生きられるか。
その考えで社会に役割を持ち、生き生きと働いていきましょう!


以上、働くの意味でした。


錯綜の意味 | 意味ブロトップへ | ミニとプチとスモールとリトルの意味と違い

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する