意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「波浪注意報が出た」

「波(なみ)」ということはわかると思いますが、
「浪」とは?と知らずに過ごしている人のために紹介。


<波浪の読み方>

これは、

「はろう」

と読みます。


<波浪の意味>

これは、

「海面・湖面の波の動き。風浪・うねり・磯波の総称」

という意味になります。(大辞林から引用)


「風浪(ふうろう)」とは風によって起きた波のことです。
「うねり」は遠くで発生した波のことです。波は遠くまで伝わって届きます。
後は地震による波もありますが、波はほぼ風によって起こります。

よって「波浪」を簡単に言うと「波」のことになります。

ではなぜ「波」ではなく「波浪」なのか?
漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「波」は「なみ」という意味の漢字。
字源は「水」と「毛皮」の組み合わせ。
「毛皮のような表面の水」となり、「波」という意味になりました。
加工していない毛皮はうねうねしているのでしょう。

「浪」も「なみ、とりどめがない」という意味の漢字。
字源は「水」と「穀物の良否をより分ける器具」の組み合わせ。
その器具の名前は「風箱留実(ふうそうりゅうじつ)」と言い、
穀物に風を送り籾殻(もみがら)を取り除いて実だけを残すものです。
その器具を使った時の穀物の様子が波に似ていることから、
さんずい偏を付けて、「浪(なみ)」という意味になったようです。
(漢水という川の下流の名称でもあるので、その川のイメージが語源かもしれない。)

また、「浪人」・「浪費」など
「波」という意味よりも「浪のように定まらない、とりどめがない」
という意味でも多く使われています。


では、なぜ「波浪」なのか?
特に深い意味はなく、「波の総称」として使われているだけのようです。
中国語でも「波浪」は存在し、波の総称となっています。


ただ一応、「浪」に「大波」という意味があるため、
「注意報」と言葉が続くと「大波」と考えることもできますが、
「波浪」に大波という意味はなく、波の総称でしかありません。
気象庁も大波とは定義していません(下記)。

<気象用語の波浪の定義>

>「海洋表面の波動のうち、風によって発生した周期が1~30秒程度のもの。風浪とうねりからなる。」
>a) 音声伝達では「波」を用いる。
>b) 注意報、警報の名称に用いる。

>波:波浪と同じ

詳しくはこちらのページへ


波と同じとされているので、
語呂合わせ的なもので「波浪」と使われているのでしょう。

「波浪注意報」はとにかく「波に注意」なので、
川や海にはあまり近づかないようにしましょう。


<波浪の使い方>

・大雨暴風波浪警報発令。

・訓練場所は波浪の影響が少ない島を選んだ。

・台風11号の影響で波浪注意報が出た。


以上、波浪の意味でした。

気になっても危険なところには近づかないようにするなど、
当たり前のことですが事故が多いので家族と話し合うことは大事だなと思います。


自尊心の意味 | 意味ブロトップへ | モチーフの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する