意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「ニッチ市場で攻める」

ビジネス用語としてよく使われます。
語源が面白いので紹介。
英語では「niche」です。

<ニッチの意味>

これは、

「隙間(すきま)」

という意味になります。


冒頭の例文は、「隙間市場」となります。
大きな市場ではなく、隙間に隠れた小さな市場のことを意味します。

ニッチの語源はラテン語で「巣」という意味の言葉です。
その意味から転じて、「適所」や「生態的地位」という意味にもなっています。
フランス語になってからは「壁龕(へきがん)」(建築物の壁に設ける美術品を飾る窪みのこと)
を表わすようにもなりました。美術品の巣というイメージです。

巣自体が隙間に作られることが多いこと、
そして壁のちょっとした窪みということで、
現在一般的に使われている「隙間(すきま)」という意味にもなりました。


隠れた巣を狙い打て!とビジネスは日々攻めていますが、
新たな巣は次々生まれるので、面白いものだなと感じています。
誰にでもチャンスはあると思います。


<ニッチの使い方>

・ニッチ商品を扱うお店が面白い。

・鳥好きのニッチ需要とらえる。

・マニアの心をくすぐるニッチ戦略で急成長した企業。


以上、ニッチの意味でした。

このブログもニッチと言えばニッチかもしれません。
正直、さほど需要がないなと感じてはいますが、趣味として続けていきたいです。


感涙の意味 | 意味ブロトップへ | デジャブの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する