意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「頼れる古兵だ」

意味は漢字そのままですが、読み方が二通りあるので紹介。


<古兵の読み方>

これは、

「こへい」

または、

「ふるつわもの」

と読みます。


「コヘイ」は音読みです。兵は音読みで「ヒョウ」とも読みます。
「ふるつわもの」は訓読み。


<古兵の意味>

これは、

「古くからいる兵士」

または、

「経験豊富なベテランの兵士・その道に通じた人物」

という意味になります。


兵・軍人のことを表わす言葉ですが、
現代では昔から共に戦っている人、勤めている人なども表わします。


古兵の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「古」は「ふるい」という意味の漢字。
字源は「十=盾」と「口=神に祈りを奉げる詞を入れた器」という組み合わせ。
器を守るため盾を置き、「昔から守り継いでいる=古い」という意味になったようです。

「兵」は「へい、軍人」という意味の漢字。
字源は「両手」と「斧」で元々は武器を表わす意味だったようです。
その武器を使う人=軍人という意味になったのでしょう。

二つを合わせると、
「古くから戦っている人」というような意味になります。


<古兵の使い方>

・ナポレオン「私は古兵を愛す」

・古兵達を労うイベントが開催された。

・ある古兵の記録文に重大な事柄が書かれていた。


以上、古兵の意味と読み方でした。

武士で古兵と呼ばれる人はよく死なずに生きて帰ってきているなと思います。
豊臣秀吉も才能よりも、生き残ったことが大きいはず。
何かと甘い現代でも死んだら終わりと、気を引き締めて生きていきたい。


リキッドの意味 | 意味ブロトップへ | ノマドの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する