意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「スマートフォン普及の功罪を分析する」

物事は見方や考え方によって、評価が変わってきます。
功罪の分析はなかなか難しい。


<功罪の読み方>

これは、

「こうざい」

と読みます。


<功罪の意味>

これは、

「功績と罪過」

という意味で、具体的には、

「優れた成果と罪や過ち」

という意味になります。


スマートフォンの普及であれば、
「功績」はほぼパソコンに近い機能を手軽に携帯できることで、
高度な情報収集と情報発信が即座にできるようになったこと。
「罪過」は人々があまりにも夢中になり過ぎて人生をダメにする人が増えた、などなど。

優れた成果には、悪い面もある。
「功罪」はどちらかというと、その悪い面を表すことが多いです。


功罪の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「功」は「仕事、働き、手柄」という意味の漢字。
字源は「力(元は農耕で使う道具)」と「工作」という漢字の組み合わせ。
元々は「農耕」を意味するようです。
その農耕で得られるものという意味で、
「手柄や成果、またはその仕事のこと」を意味するようになったと思います。

「罪」は「つみ」という漢字。
字源は「あやまちを犯した人」と「法の網」という組み合わせ。
ただ、「辠」という漢字が本来の「罪」を意味するようで、
この場合の字源は「鼻」と「入墨をする針」という漢字の組み合わせになります。
どちらにせよ、悪いことをした人を表す漢字ですね。
罪のようなことになる行為全般を意味します。

二つを合わせると、
「罪と手柄」という意味になり、良い点と悪い点という意味になります。


<功罪の使い方>

・アベノミクスの功罪を整理する。

・引いて守る手法には功罪があるが、これでいきたいと語った。

・インターネットの功罪について今一度議論し、進むべき方向を考えよう。


以上、功罪の意味でした。

基本は良い点・悪い点という意味ですが、
「成果に伴う悪い点」という意味だけでも使われます。
言葉の流れで判断しよう。


悲壮の意味 | 意味ブロトップへ | 綱紀の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する