意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「大仁会長とザック監督の会談は中止『今はナーバス』」

確かに漢字で書くよりはイメージがいいです。
ということで、和訳も知っておこう。
英語では「nervous」です。


<ナーバスの意味>

これは、

「神経質な・神経が過敏な、またはその状態」

という意味になります。


形容詞なので「○○な」という訳になりますが、
日本では名詞としても使われます。
その場合は「神経質な状態」という意味になります。

名詞型は「ナーブ(nerve)」で、
語源はラテン語の「腱(けん)」を意味する言葉です。
腱とは骨と筋肉を結合する繊維性組織の束のことで、
「繋ぐもの」という意味全般で使われています。
例えば、「心と行動」を繋ぐ=勇気や、神経などの意味です。

ナーバスはいつもは繋がっていない神経が繋がっているような状態を表す言葉となり、
神経質な状態を意味するものとなります。


<ナーバスの使い方>

・選手たちはとてもナーバスになっていた。

・このイベントはいつも必要以上にナーバスになる。

・ナーバスな気持ちが吹き飛んだ。


以上、ナーバスの意味でした。

ナーバスな状態に陥った人には、
そっとすることも大事ですが、放置も気まずいので少しは話しかけることも大事と思います。
自分の意見を言うとマイナス要素になることがあるので、
相手の気持ちを聞く、聞き役になるのがいいのかなと思います。


矜持の意味 | 意味ブロトップへ | 焦燥感の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する