意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「金融政策のレゾンデートル」

勘弁してくれと声が出そうなカタカナ語。
大手ニュースで使われていましたので解説。
これはフランス語で「raison d'etre」です。

<レゾンデートルの意味>

これは、

「存在価値・存在理由」

という意味になります。


英語では「reason of being」となります。
reason(理由) of being(存在)ですね。

他人が認める存在価値ではなく、
主に自分自身が求める存在価値のことをいうようです。


最近に日銀の黒田総裁の発言で、
「必要に応じて引き締めたりするのは金融政策のレゾンデートル」
という使われ方がありました。
これは、「金融政策の存在理由」という意味ですね。
それが金融政策の役割だと、自分で認める発言です。


意味が通じる可能性が低そうなので、
公の場で使う言葉ではない気がします。
名称では良く見るので、意味だけは知っておきたい。


<レゾンデートルの使い方>

・IT組織のレゾンデートルについて講演する。

・組織で働くにあたってはレゾンデートルをよく考えることが大事だ。

・新聞社のレゾンデートルが時代遅れになっていないか?


以上、レゾンデートルの意味でした。

金目の意味 | 意味ブロトップへ | 決壊の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する