意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「ディレクションのポイントはこちらです」

知ってそうで知らないことに気付く難しいカタカナ語。
「ディレク」の意味がわかればスッキリします。
英語では「direction」です。


<ディレクションの意味>

これは主に3つの意味があります。

1、監督・指揮

2、方向・方角

3、傾向・動向


日本でのカタカナ語では主に1の意味で使われています。

ディレクションは「ディレクト(direct)」という動詞が元で、
語源はラテン語の「まっすぐにする」という意味の言葉の名詞型です。
その意味から、「目指す方向」、「目標達成への指揮」などの意味になります。

ディレクトの中で一番有名な言葉は「ディレクター」です。
これは「ディレクトする人」という意味になり、
「監督者・指揮者」などの意味になります。


実際に使われ方とその意味を解説します。


<ディレクションの使い方>

・制作進行する上で必要となるディレクションのポイントを学ぶ
 (監督(管理という意味合いの方が強い))

・モデルSHIHOディレクションの新ブランド
 (監督)

・新システムのディレクションは田中さんが担当。
 (監督・指揮)

・監督から表情について細かなディレクションが入る。
 (指導)


以上、ディレクションの意味でした。

「全体を指揮する」という言い方であれば、
動詞型の「全体をディレクト」でもいいと思います。
ニュースでも見ましたが「ディレクションする」はややおかしく感じます。
(ただ、この「テストする」など動詞型名詞のサ行変格活用は一般的になので間違いではないか)

ディレクトする際は誰もがわかる日本語が無難です。


グローバルの意味 | 意味ブロトップへ | 健気の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する