意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「健気な子供達」

漢字で書くと読み方が難しいですが、
会話ではよく使う言葉です。
意味も簡単そうでやや難しい。


<健気の読み方>

これは、

「けなげ」

と読みます。


本来は「殊なり気(けなりげ)」・「異なり気」という日本語になり、
それを略した形で「けなげ」と言われるようになったようです。
また読み方も古語では「ことなりげ」のようです。


<健気の意味>

これは、

「子供が困難を苦とせず立派に立ち向かうさま」

という意味になります。


実際には「子供」という意味はどこにもないのですが、
どの辞書もこのように書かれており、一般的な意味のようです。


漢字だけだと意味が理解できないと思います。
「健」も「気」もおそらく当て字で、より意味をわかりやすくしたものと思います。

先述しましたが、本来は「けなりげ」という言葉です。
分解すると、古語の「けなりい」、「けなり」となるので、
これらも合わせて意味(語源)を説明します。

元となる「けなり」とは「普通とは違い格別だ」という意味(形容動詞)。
ただ、「異なり」という意味から、本来は「普通とは違う」という意味だけになります。
ただ、違う=優れているという意味でよく使われていたので、
「優れている・格別」という意味にもなります。

「けなりい」は「普通とは違い格別な」という意味(形容詞)
「けなりげ」は「普通とは違い格別なさま」という意味(形容詞+接尾語の「げ」)。

よって、
「普通とは違って格別=優れている」という意味になります。

「しっかりしている」、「頼もしい」、「丈夫」という意味もありますが、
これも格別に優れているという意味から転じています。

語源は「異なり(ことなり)」なので、
普通とは違ってかつ素晴らしいさまに使っていきましょう。

また、「殊」も「普通とは違う」という意味なので、
これらの漢字が当てられたのだと思います。


<健気の使い方>

・過酷な環境で健気に生きる子供達。

・あの子はほんとうに健気でさらに応援したくなる

・「社会勉強になる」と健気に頑張っていた


以上、健気の意味でした。


ディレクションの意味 | 意味ブロトップへ | デリカシーの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する