意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「無いといったら、ちょっと語弊がありますが、」

こんな感じでよく使われるこの言葉。
漢字の意味を直訳しても意味がわかりにくいです。


<語弊の読み方>

これは、

「ごへい」

と読みます。


<語弊の意味>

これは、

「言葉の使い方が適切でないために生じる弊害、または誤解を招くこと」

という意味になります。


「こんな言い方だとちょっと勘違いされますが、」
という意味でよく使われます。

語弊それぞれの漢字の意味と語源・由来を説明します。

「語」は「語る・話す」や「言葉」という意味の漢字です。
「言」は「言う」、「吾」は「交差する・交わる」という発音の意味となり、
「言葉が交わる=語り合う」という意味になります。

「弊」は「倒れる・やぶれる」という意味の漢字です。
旧字体は「「獘」で、「犬が倒れ死ぬ」という意味の漢字。
「敝」は「礼装用の膝掛けがやぶれる」という意味の漢字です。
この意味から「悪い状態や物・それに伴う害」を表わす言葉となってします。

よって「語弊」は、
「言葉が悪いために生じる害」というような意味になります。


<語弊の使い方>

・語弊をおそれず言えばこういう言い方になります。

・大嫌いと言うと語弊があるかもしれないけど、本当にそうです。

・この内容だと少し語弊があると思う。

以上、語弊の意味でした。


メランコリックの意味 | 意味ブロトップへ | キャプションの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する