意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「余暇と賃金はトレード・オフの関係にある」

「トレード」はわかるが、「オフ」が付くと難しい。
二つの単語ですが、合わせた名詞として使われています。


<トレードオフの意味>

これは、

「離れる取り引き」

という意味になります(直訳です)。


具体的に説明すると、

「2つのうち一つを得ようとすると、もう一つは手に入らない」

という意味になります。

そのため、「両立しない関係・相反関係」という意味にもなり、
逆に「共に必要でかつ依存し、切り離せない関係」という意味でも使われます。


冒頭の例文を訳すと、
「余暇と賃金の増加は両立できない関係にある」という意味になります。
余暇を増やせば勤務日数が減り賃金は減る、
賃金を増やせば(勤務日数を増やせば)余暇が減る、と。
共に大事なもので、片方を捨てることができません。

このように、悩ましい問題でよく使われます。
「トレードオフを解消!」という言葉もよく見かけますが、
なかなか根本的な解決には至っていないことが多いと思います。


最後に言葉としての雑学を。
「トレード」の語源は「道」という意味の言葉です。
「道=貿易=取引・交換」というような意味に変化しました。
意味の幅が広い言葉です。


<トレードオフの使い方>

・この場合、品質と生産量はトレード・オフになる。

・トレードオフの関係にある安全性と利便性を両立させた。

・トレードオフの関係にある事柄を整理する。


以上、トレードオフの意味でした。

意識しなくても、日々やっていることになります。
外食したいけど小遣いが減る。外食と小遣いはトレードオフだ、と。
でも、悩み過ぎると時間がもったいない、時間とのトレードオフが、、
いろいろと決断の日々です。


建設的の意味 | 意味ブロトップへ | 客観的の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する