意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「作業を体験できるワークショップを開いた」

簡単な英語の組み合わせですが、
使われ方と想像する意味が合わないカタカナ語のためちょっと難しい。
英語では「workshop」です。


<ワークショップの意味>

これは、

「作業場・仕事場」

という意味から転じて、

「専門家の助言を得ながら問題解決・知識向上を目指す小規模な研究集会」

「自主的に集まり活動し、新しいものを作り出す場」


というような意味で使われます。


本来は「作業場」という意味になりますが、
その意味から「新しいものを生み出す場所」という意味でも使われています。

明確な定義はないのですが、
「一つの目的のために大勢が集まり、各自力を出して解決に向かう」
そんな作業場のイメージで考えるとわかりやすいです。


「まちづくり」などでワークショップはよく使われます。
住民が参加し、互いに意見を出したりして問題解決を目指す場です。
ただ言いっぱなしではまとまらないので、
助言役やまとめ役(リーダー)の存在は必須となります。

仕事ではない新しいものを生み出す場、
お金のことばかり考えず、
社会をより良くするための活動は積極的に参加したいものです。


<ワークショップの使い方>

・デザインの初心者を対象にしたワークショップが開催された。

・宇宙を教育に利用するためのワークショップで発表することになった。

・仕事を体験できるワークショップへ行く。



以上、ワークショップの意味でした。

定義が明確ではないので、いろいろな意味で使われています。
思っていたのと違っていた!なんてことも有り得ますので、
事前に内容はよく考えていきましょう。



コンスタンスの意味 | 意味ブロトップへ | 魁の意味と読み方

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する