意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「貴社の記者が汽車で帰社されました」

ベタですがこんな面白い文を見てつい紹介。
御社との使い分けなどいろいろ解説します。


<貴社の読み方>

これは、

「きしゃ」

と読みます。


<貴社の意味>

これは、

「相手が所属する会社を敬って言う言葉」

という意味になります。

「貴」は「とても大切なもの」という意味の漢字です。
その意味から、「身分が高い人」「値段が高いもの」という意味にもなりました。
漢字としては、「貝(宝)」を「両手で奉げ持つ」という意味です。

この意味から「相手を敬う言葉=敬語」として使われています。
「貴社」であれば、「自分より上の立場・とても大切な会社」という意味です。
実際にはそうではないことも多いですが、
尊敬語として常識的に使われています。


もう一つの似た言葉として、「御社(おんしゃ)」があります。
元は天子(日本では天皇)などとても偉い人などに対して使う言葉で、
現代では尊敬語・美化語として使われています。
漢字の由来は「道路におけるまじないの儀」という意味のようですが、
自分では完全に理解できなかったので説明はしないことにします。


この「貴社」「御社」の使い分けですが、
「貴社」は文書、「御社」は会話となります。
「き」で始まる敬語は会話ではほぼなく、「貴様」も敬語じゃなくなった今、
会話では「お・ご」で始まる敬語が一般的です。
そのため、会話では「御社」と言います。

「貴社」は「大切」という意味の漢字のため、本来はこちらが正解と思います。
「御」は本来、天皇などとても偉い人に使っていた言葉なので、
昔は店や会社等へは使わなかったはずです。

※正しい答えはなく、これは管理人の考えです。


なお、会社の場合は貴社でいいですが、
銀行や学校の場合は「貴行」「貴校」と使い分けをします。
テンプレートを使う場合は十分注意してください。


<貴社の使い方>

・貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

・明日に貴社ホームページをご確認いたします。

・この企画へは貴社も是非ご参加願います。


以上、貴社の意味でした。

自分の会社をへりくだって言う言葉は「弊社」です。
「弊」は「破れてぼろぼろ」などの意味の漢字で、
「自分のダメな会社は」という意味になります。

漢字がわかれば使い方に迷うこともないので、
辞書を常に引いて理解して覚えていくと、
組み合わせで意味がわかるのでおすすめです。



パイオニアの意味 | 意味ブロトップへ | ロジックの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する