意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「刹那の幸せだった」

漢字にて意味が想像できないので辞書が必須な言葉です。


<刹那の読み方>

これは、

「せつな」

と読みます。


<刹那の意味>

これは、

「きわめて短い時間・瞬間」

という意味になります。


刹那は仏教語で、
元はインドの梵語(サンスクリット語)の「ksana」の音写(当て字)となります。
そのため、漢字自体に「きわめて短い時間」という意味はありません。

仏教としての意味は、「時間の最小単位」という意味となり、
1回指を弾く間に65の刹那があると言われています。
その65の内の一つ一つのことが刹那となります。


「刹那的」と「的」を付けて使うことも多く、
この場合は「今のこの短い時間だけを」という意味になります。

「刹那主義」であれば、
「今だけを考えて生きる」というような意味になります。

「きわめて短い時間」で考えると意味はわかります。


漢字は関係ないですが、それぞれ意味だけ説明します。

「刹」は「寺院」という意味です。元は「柱」という意味の漢字。
「那」は「なんぞ」と疑問を表わす漢字。
元は「地名」を表わす漢字や、「多い」という意味の漢字のようです。

よって「短い時間」とは全く関係ない。


<刹那の使い方>

・刹那な静寂だった。

・刹那的な生き方は後に苦労が待っている。

・いろいろと心配しているのに彼は刹那主義を突き通す。


以上、刹那の意味でした。

今も大事にしたいけど、未来も大事にしたい。
いつもいつも未来のことを考えると思い切って遊べないので、
今日はとことん今を楽しむぞ!とメリハリを付けるのがいいのかなと思います。


コケティッシュの意味 | 意味ブロトップへ | 変革の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する