意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「感慨深いエピローグだった」

和訳が難しいカタカナ語です。
同じような言葉「プロローグ」と合わせて解説します。
英語では「epilogue」です。


<エピローグの意味>

これは、

「終わりの言葉・部分」

という意味になります。


辞書では「結びの言葉」と書かれていますが、
意味の解説としては不親切なので、よりわかりやすく言いました。

具体的には、「劇などで最後に俳優などが観客に向かって述べる言葉」だったり、
「小説等の最後で全体をしめくくる言葉・終章・結末」などの意味となります。

エピローグ=最後と覚えておけば意味は理解できるでしょう。


対義語は「プロローグ(prologue)」で、
意味は反対の「始まりの言葉」という意味になります。
この2つが理解できれば、作品系がもっと楽しくなる、はず。


<エピローグの使い方>

・最後の仕上げにエピローグを書く。

・エピローグで隠されてあった真実がわかるようになっている。

・この小説は短編7本とエピローグからなる。


以上、エピローグの意味でした。

「結びの言葉」「締め口上」など、
日本語もいろいろありますが、やはりカタカナ語の「エピローグ」がかっこいい。
かっこいいカタカナ語は人気です。意味が通じなくても関係ない、と・・・



プライオリティの意味 | 意味ブロトップへ | 叡智の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する