意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「職場の同僚と飲みに行く」

意味なんか考えなくてもわかる?
いや、定義が難しいことに気付きます。
「僚」の意味を理解するべく、解説します。


<同僚の読み方>

これは、

「どうりょう」

と読みます。


<同僚の意味>

これは、

「同じ職場の人で、地位などが同じ程度の人」

という意味になります。

自然とこの意味で使っているとは思います。
上司に対して同僚とは言いませんし、
上司でなくても先生にあたるような人にも言いません。
「僚」とはいったいどのような意味?と気になるところです。

漢字それぞれの意味、語源・由来を説明します。

「同」は「同じ」という意味の漢字。
字源は「酒器」と「神に奉げる詞を入れる器」の組み合わせのようです。
これが、「神の前で皆が酒で清めて一体となり、皆が一つの気持ちになる」という意味になり、
「一体となる=同じ」という意味になったようです。
(しかし、同の由来は諸説あるので本当かどうかはわからない。
 これは漢字学者の白川静先生の説で、一番正しそうなので紹介しました。)

「僚」は「役人」という意味の漢字。
「亻」は人。「尞」は庭燎(テイリョウ 庭火(にわび)とも)のこと。
庭燎は寺など神聖な建物等の庭で焚くかがり火(照明)という意味。
よって「僚」は、その「かがり火を行う建物に勤める人=役人」となります。

「寮(かがり火を行う建物=役人がいる建物)」という似た漢字もあり、
「○○寮」という、役所や建物の名称にも使われました。
その寮に勤める・住む人を「同僚」という言葉で表されたものです。

あくまでも「勤める人」であって、
勤めさせてもらっている偉い人は含みません。
そのため、上司などには用いず、ほぼ同等から下の者に使う言葉となります。


<同僚の使い方>

・街で同僚にばったりと出合った。

・彼の同僚から良い情報を得た。

・元同僚から飲みの誘いを受けた。


以上、同僚の意味でした。

「同僚だけで飲みに行きましょう!」と、
課長の目の前で言うとショックを受けるので、
そのようなことは同僚だけがいる時に言うことをおすすめします。


エトセトラの意味 | 意味ブロトップへ | チートの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する