意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「法案の骨子をまとめた」

政治やビジネスなどニュースでよく使われます。
一度は辞書を引かないと自信を持てない言葉です。


<骨子の読み方>

これは、

「こっし」

と読みます。


<骨子の意味>

これは、

「物事の骨組みとなる主要な事柄」

という意味になります。

冒頭の例文は、
「法案の骨組みとなる内容をまとめた」
というような意味になります。

計画や考えの中心となる事柄のことです。
辞書では「要点」とも解説されています。

漢字の意味と語源・由来を説明しいます。

「骨」はその通り「ほね」です。
「月」は肉のこと。上の部分が骨を表す漢字となります。
骨という意味から、「物事の基本構造」という意味でも使われます。

「子」は「子供」を意味する漢字です。
両手を広げる無邪気な子供の姿のイメージを漢字にしたものです。
ただこの漢字は意味が多く、「売り子」など大人に対しても使います。
「胞子」のように細胞等のことや、「分子」と小さい一つのものにも使われます。
今回の「骨子」は辞書通りの説明だと「名詞に付けて調子を整える役割」となり、
例えば、「帽子」や「扇子」など。小さい物に付ける言葉となります。
その意味での「子」ですので、「子」の意味はないようです。

よって「骨子」は「骨(全体を作る大事な部分)」という意味の言葉です。


<骨子の使い方>

・条例の骨子を説明する。

・受け入れの拡充を目指す計画の骨子案を発表した。

・ソフトバンク、入社式あいさつ(骨子)


以上、骨子の意味でした。

子供には「全体の中の大事な部分」というような、
別の言い方をすることをおすすめします。
ニュースも「要点・要約・基礎」など誰もがわかる他の言い方があるだろうと思いますが、
骨という便利な言葉の力をついつい使ってしまうのだろう。


老婆心の意味 | 意味ブロトップへ | トライバルの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する