意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「閾値となる15%を下回った」

「闘う(たたかう)」と似ていますが別物なので注意。
会話ではよく使うので読み方がわかれば大丈夫。


<閾値の読み方>

これは、

「しきいち」

または、

「いきち」

と読みます。

「いきち」が正しいのですが、
慣用読みとしての「しきいち」が一般的です。

「しきい値」とひらがなで書かれていることも多いです。


<閾値の意味>

これは、

「反応等を起こさせる最小の刺激の値」

という意味になります。


例えば、細胞に電気エネルギーを与えて、
細胞が動く最低の電流値のことを「閾値」と言います。
これを超えると動くよ、という感じです。

痛みを感じる最低の強さ(値)が大きい人は、
「痛みに関する閾値が高い」と言われます。

このような実験的な用途だけでなく、
「一線を越える」というような意味でも使われます。
例えば、「そのやり方は過剰であり、閾値を超えている」という使い方。
「許容できるレベル(閾値)を超えている」という意味です。


なぜこの意味になるのかは、
漢字の意味と語源・由来を知ればわかります。

「閾」は「門の敷居(横木)」という意味になります。
漢字を分解すると、「門」に「国」です。
よってこれを越えると城・他国=横木(しきい)という意味となります。
その意味から「境界」という意味にもなりました。
本来の「しきい」は「敷居」という漢字が現在では一般的です。

よって、「閾値」は「境界の値」という意味になります。

横木については写真がわかりやすいので、
wikipediaより引用します。

640px-Rikyu-hachimangu09s4592.jpg


※門の下にある段差が横木です。


<閾値の使い方>

・痛みの閾値は人によってさまざまです。

・定型的な線量閾値解析では閾値は認められなかった。

・閾値を超えた値となった。


以上、閾値の意味でした。

書く場合は「しきい値」がわかりやすいです。
また、このような言葉は意味を確実に理解してもらう必要があるので、
補足で「対象となる値を超えた」など、具体的に説明した方がいいと思います。
言葉は意味が通じてなんぼと、常に意識したい。



インペリアルの意味 | 意味ブロトップへ | センチメンタルの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する