意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「熱意に絆される形となり、出資することにした」


最近は「絆(きずな)」という単体の使われ方を
よく目にしましたが、どちらにせよ意味が難しい言葉です。
この際、意味を知って自信を持って絆と使うようにしよう。


<絆されるの読み方>

これは、

「ほだされる」

と読みます。

音読みは「ハン」なので、「ほだす」は訓読みです。
「きずな」も訓読みです。


<絆されるの意味>

これは、

「情に強く引かれて、その気持ちになってしまう」

という意味です。

辞書には
「情に引きつけられて、心や行動の自由が縛られる」
情にひかされて自分の考えにない行動をとる
とありました。基本はこの意味となります。

「その人の気持ちが伝わり、自分までその気持ちになってしまう。
という意味で使われます。


「絆」は元々、「馬を繋ぎとめる紐」という意味です。
その意味から、「~を繋ぐ」という意味にもなります。
人と人を繋ぐ=「絆(きずな)」として、大震災の後に多用されました。

よって、「絆される」を直訳すると「繋ぎ止められる」という意味になります。
対象を人の気持ちにすると、「人の気持ちと繋がる」となり、
「その気持ちになる・共感する」という意味となります。


<絆されるの使い方>

・情に絆されることがあっても絶対に連帯保証人にはなるなよ。

・子供の純粋な願いに絆される。

・別れたいと何度も思ったが、彼の熱意に絆されることで続いた。


以上、絆されるの意味でした。

そうは思ってなかったが、この人のためにやってやろう!
そんな人になれるよう日々人の役に立つことを考えていきたい。



理不尽の意味 | 意味ブロトップへ | 確執の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する