意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク



「幾久しくお幸せでありますように」

挨拶や手紙の文に使われることが多い言葉です。
なぜか挨拶はこういう難しい言葉が好まれる。


<幾久しくの読み方>

これは、

「いくひさしく」

と読みます。


<幾久しくの意味>

これは、

「いつまでも続くさま・変わらないさま」

という意味になります。

よって冒頭の例文は、
「いつまでも変わらずお幸せでありますように」
という意味になります。

意味はわかったが、どうしてこの漢字がこの意味になるのか?
漢字を説明します。

「幾」は「数量が不定の時に使う言葉」となります。
例えば、「幾万(いくまん)」などです。
「幾ら(いくら)」「幾つ(いくつ)」は、普段使う言葉ですね。
数量が不定の時ではありますが、
数量がとても多いことを表す場合にもよく使われます。

次の「久しい」は、「時間が長く経過する」という意味です。
「久しぶり!」とこれもよく使う言葉です。

よって、二つを合わせると、
「とても長く時間が経過して」という意味になります。


<幾久しいの使い方>

・幾久しく幸多かれと祈ります。

・幾久しくお納め下さいませ。

・今後も幾久しく愛されるでしょう。


以上、幾久しくの意味でした。

手紙で「幾久しくお幸せに」と書くと無難なので、
よく使われる便利な言葉です。
若者に通じるか微妙なところなので、相手により使い分けるのがいいかと思います。


確執の意味 | 意味ブロトップへ | 花冷えの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する