意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「花冷えした」


ちょうど今の時期によく聞く言葉なので紹介。
花の気持ちが気になる今日この頃です。


<花冷えの読み方>

これは、

「はなびえ」

と読みます。


<花冷えの意味>

これは、

「桜が咲く頃に一時的に寒くなること」

という意味です。


20℃以上の暖かい日々が続き、やっと桜が咲いたと思いきや、
急に15℃くらいになったりして、「今日は寒いなぁ」と感じる日のことです。

せっかく咲いた花も、さぞ冷えるだろう。
花冷えはそんな天気のことです。


<花冷えの使い方>

・花冷えとなった四日、早くもビアガーデンがオープンした。
 (早すぎだろっと言いたくなるニュースだった。)

・花冷えのスタンドを大いに沸かせた。

・この週末は花冷えになるでしょう。


以上、花冷えの意味でした。
○○のような、という意味の漢字が多いので、
漢字は想像力が大事だなといつも感じます。


幾久しくの意味 | 意味ブロトップへ | 憂慮の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する