意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「痴がましいやつだ」


よく会話では聞くが読み方は難しい。
人に対して言う言葉ほど、意味は十分に理解しておく必要があります。


<痴がましいの読み方>

これは、

「おこがましい」

と読みます。


「痴」は「痴呆(ちほう)」など、音読みの「チ」と読むのが一般的です。
訓読みは正式にはありませんが、
「おろか」「しれる」という読み方があります。
よって、どちらかというと訓読みでしょう。


<痴がましいの意味>

これは、

「身の程をわきまえない・出過ぎている」

という意味になります。


本来の意味は「いかにもばかげている」という意味になります。
「痴」が「おろか」という意味なので、基本その意味で考えるとわかります。

漢字の意味を解説。
「知」は「知る・知恵」という意味。
それに「やまいだれ」という部首が付いて、「知が病気」となる。
よって、「正常な判断ができない・おろか」という意味の漢字です。

昔は「癡」という漢字で、「疑(うたがう)」と「病気」が本来の意味です。



<痴がましいの使い方>

・後輩の私が申すのは痴がましいことではございますが、

・その痴がましい態度が気に入らない。

・痴がましいが許せるやつだ。


以上、痴がましいの意味でした。

目上の人を敬いながらも、発言や行動に出る。
そんな時に「痴がましいですが」と、
出過ぎた行為とはわかっていながらも許しを得ます。

ただ、若い人はあまり使わない気がします。
意味が通用する相手にだけ使うようにしましょう。


無頼の意味 | 意味ブロトップへ | 天の邪鬼の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する