意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「新興国が台頭してきた。」

新聞やニュースで頻繁に出る言葉なので、
意味をしっかり押さえておきたい。
特に、読み方を間違えている人も多そうなので聞いてほしい。


<台頭の読み方>

これは、

「たいとう」

と読みます。

「だいとう」ではないので注意。


<台頭の意味>

これは、

「勢力が伸び、進出すること」

という意味になります。

よって冒頭の例文は、
「新興国の勢力が伸びて目立つようになってきた」という意味になります。

本来の漢字の意味としては、

「頭を持ち上げる」

という意味になります。

よって今まで頭が上がっていない=他に負けている(目立っていない)
ということにもなり、頭が上がる=他に勝ってきた、という意味になります。

「台頭」は本来は「擡頭」という漢字でした。
「擡」は「持ち上げる」という意味の漢字です。
よって、「頭を持ち上げる(起こす)」という意味になります。

この本来の意味がわかれば、
台頭という言葉の意味がより理解できると思います。


<台頭の使い方>

・新たな手口が台頭してきている。

・スーパー銭湯の台頭で従来の銭湯は客離れが加速している。

・台頭する中国製品への対策を検討する。


以上、台頭の意味でした。

新たな物事はいつか台頭してきます。
日々の変化を見抜きながら、取り残されないよう意識して生きていきたい。
現状に満足するのは未来の負けを待っているようなもの、と思います。


リクルートの意味 | 意味ブロトップへ | イニシアティブの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する