意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「感無量です。」

インタビューでのコメントなどによく出る言葉です。
あんたその意味知ってるの?と言われた時のために解説。

<感無量の読み方>

これは、

「かんむりょう」

と読みます。


<感無量の意味>

これは、

「はかり知れないほど身にしみて感じる」

という意味になります。

この「感無量」ですが、正しくは「感慨無量」となります。
よって、「感慨(かんがい)」が「無量」ということになり、

「感慨がはかり知れないほど大きい」

という意味になります。

「感慨」というのは、「心に深く感じる」という意味になります。
その気持ちが「無量(はかり知れないほど多い)」ということで、
上記の意味となります。

長年望んでいたことが実現する。嬉しくて嬉しくてたまらない。
とても感動している。そんな気持ちが感無量です。


<感無量の使い方>

・「本当にうれしい」と感無量の表情。

・念願の大学に合格できて感無量です。

・金メダルに感無量の涙。


以上、感無量の意味でした。

目指すものがあり、努力して実現すると本当に嬉しい。
毎年感無量になるような結果をあげていきたいものです。


過渡期の意味 | 意味ブロトップへ | 貪欲の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する