意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「特別損失を計上した」

99%の人はわかると思いますが、
決算シーズンでこれからよく出る言葉なので解説。


<計上の読み方>

これは、

「けいじょう」

と読みます。


<計上の意味>

これは、

「収益や費用を全体の計算の中に組み入れる(主に記帳して決算書に反映させる)」

または、

「個々の数値を全体の計算の中に組み入れる」

という意味になります。

例文の「特別損失を計上した」というのは、
「特別損失を負債として帳簿に記帳した。」という意味になります。
会計や決算の話で使われるのはこちらです。

決算などではなくて、後者の「全体の計算の中に組み入れる」という意味もよく使います。
例えば、「他部門の人数も計上すると200人になります。」など。
主に数値の場合に使用し、数値以外の項目にはほぼ使われません。

「上げて計算する」その漢字通りの意味で考えればOKです。


<計上の使い方>

・下方修正したことを受け、評価損計上に踏み切る。

・設計費5000万円が計上されました。

・予算案に計上すると発表した。


以上、計上の意味でした。

臨時収入として3億円を計上した、と家計簿に書いてみたい。

ベンダーの意味 | 意味ブロトップへ | 蛇足の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する