意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「御意にござります。」

「御意」もそうですが、「ござります」もなかなか使わない言葉です。
使うことはほぼありませんが、知っておいてほしいため共に意味を解説します。

<御意の読み方>

これは、

「ぎょい」

と読みます。

「おい」とか「おんい」読んでしまいそうなので注意です。
なお、「ぎょ」は漢音読みでの発音です。あまり使わない。


<御意の意味>

これは、

「貴人・目上の人を敬って、その考え・意向をいう語」

または、

「貴人・目上の人に対する返答としていう語」

という意味になります。

「御意を得る」という使い方であれば、
「貴人・目上の人に対する考え(意見)をうかがう」という意味になります。

「御意のとおり」という使い方であれば、
「貴人・目上の人に対する考え(意見)に同意・命令に従う」という意味になります。
これを略して

「御意」

とだけ返事をすることも多く使われます。

「おっしゃる通りでございます。」という意味です。
普段の会話ではあまり「御意」とは使わない方がいいと思います。
意味が通じず失礼にあたるかもしれません。

例文でも紹介しましたが、
よく辞書などに「御意にござります」と「ござります」が使われています。
これは、「御座ります」となり、現代では音が変化して「御座います」となりました。
そう、ただ「ございます」の昔の言い方です。


<御意の使い方>

・社長の御意に従い計画を作成した。

・御意でございます。

・将軍の御意に召す戦となった。


以上、御意の意味でした。
Googleで検索してみると、意外と意外使っている人が多い。
言葉って知らないうちに覚えるので不思議なものです。

蛇足の意味 | 意味ブロトップへ | ナイーブの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
御意という言葉は時代劇や時代ゲームなどでよく耳にするので知っていました。
意味に関しても自分が使っていた通り、目上の人への返答、という意味で正しいようです。
現代では使うことはありませんが、時代劇を見たりする場合には知っておいた方がいい言葉ですよね。
2014/03/31(月) 14:46:32 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する