意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「彼は繰り返し恫喝した。」

この「恫喝」が今回の言葉です。
この手の言葉は多数あり、使い分けが難しいです。
類語も合わせて解説していきます。

<恫喝の読み方>

これは、

「どうかつ」

と読みます。


<恫喝の意味>

これは、

「不安になるようなことを言って脅して、おびえさせる」

という意味になります。

類語辞典には

「危害を加えるような様子を見せて、相手を脅えさせること」

とありました。
しかし、漢字の意味としては「危害を加える」という意味はないと思います。
なぜ類語辞典ではこのように解説されているのか?
そのように使われているのが一般的なのかもしれません。

漢字それぞれの意味を解説します。

「恫」は「おびえる・恐れる」という意味です。
偏の「立心偏(りっしんべん)」は、「心」を表します。
「同」は「板に穴を開ける」という本来の意味から、
「繋げると一つになる」→「同じ」という意味になったものです。
(豆知識:銅はやわらかく簡単に加工できることから、金に同となった。)

よって

「心に穴を開ける」

という意味が「恫」になります。

もう一つの漢字、「喝」は、
「大声を出す(どなる)」という意味です。
その意味から、「脅す」という意味にもなっています。


よって「恫喝」は、

「不安になるようなことを言って脅して、おびえさせる」

という意味になります。
「喝」が言葉になるため、言葉による脅しに使います。

例えば、「金を出せ」と刃物を持って脅したのであれば、
「恫喝」ではなく、単なる「脅し」という言葉を使います。
(この場合は「強盗」という言葉がぴったりですが)


類語として、「威喝(いかつ)」があります。
「威」は「力で脅かす」というような意味があるため、
「大声を出しておびえさせる」という意味になります。
ただ、どなっておびえさせるだけであれば、「威喝」という言葉を使いましょう。

次はよく聞く「恐喝(きょうかつ)」。
漢字を直訳すると「言葉でおそれさせる」という意味になります。
「恐れる」は「自分より力が上なものに対してこわがる」という意味です。
よって、

「弱みなどにつけこんで脅し勝てないと思わさせて、金品をゆすり取る」

という意味になります。

--
このように「喝」が付く言葉はいろいろあり、
それぞれ意味があるということを知っておきましょう。


<恫喝の使い方>

・恫喝による外交がまかり通っている。

・会談の中で恫喝としか受け止められない発言があった。

・あそこの課長は恫喝ばかりで部下がかわいそうだ。


以上、恫喝の意味でした。

恫喝なんてしないと思っていても、
母が子供へ恫喝する光景はよく見ます。
「やらないと捨てるよ!」とか、「外に出すよ!」とか。
脅して言うことを聞かす子育てはあんまりよくないと思っています。
命令は単純で「やって」だけで言いと思います。
ごねられても、決して折れず「やって」と命令をする。
途中で許したり、「じゃあ、これだけでいいから」と条件を付けるのもダメ。
条件が出るまでごね続ける子供が出来上がります。
相手の気持ちになって、できるだけ脅さなくても済むよう心がけたい。

不手際の意味 | 意味ブロトップへ | ギミックの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する