意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「来年度に施行する」

場合によって読み方が違う、困った漢字です。
おおよその使い分けを理解しておきましょう。


<施行の読み方>

これは、

「しこう」

または「せこう」、「せぎょう」、「しぎょう」

と読みます。


珍しい4パターンです。
でも一般的には「しこう」で、次に「せこう」です。
基本は「しこう」と読めば大丈夫です。

「しぎょう」は昔の読み方のようで、現代ではほぼ使われません。
「せぎょう」は仏教用語としての使われ方のようで、一般的ではありません。
「せこう」は「施工(工事すること)」と勘違いされるので、おススメできません。
ただ、「執行(しっこう)」と紛らわしいので、
法律関係では「せこう」と読まれるようです。


まとめとしては、「しこう」と読みましょう。


<施行の意味>

これは、

「法令を実行すること」

という意味になります。

ただ、他にも意味があるようなので、
大辞泉から引用します。

--引用開始--

<施行(しこう)>

1 実際に行うこと。政策・計画などを実行すること。

2 法令の効力を発生させること。せこう。

<施行(せぎょう)>

1 僧侶や貧しい人に物を施し与えること。布施の行。

2 命令を伝達して実行させること。また、その命令書。しぎょう。

--引用終わり--

「せぎょう」についてはこのように仏教用語として解説されています。

実際は「法令等の実行」の意味で使うことがほとんどです。
この意味で覚えておけば問題はないと思います。


<施行の使い方>

・「自動車運転死傷行為処罰法」が施行された。

・施行から5年を迎える裁判員制度。

・施行後初の逮捕者が出た。


以上、施行の意味と読み方でした。


蒐集の意味と読み方 | 意味ブロトップへ | 代替の意味と読み方

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
PCで変換可否でその漢字の読みどうこう語るのは筋ちがいでは?
例えばですが、かなり前の外国産の日本語変換ツールで、「粗利」を「あらり」で変換できず「そり」で変換できた事があります。それを理由に「粗利」の読み方で「そり」をOKにしてしまうのはおかしいですよね。
2012/10/22(月) 16:33:49 | kaz #-[ 編集]
私はしこうと読んでいましたが、ごくたまに施工とどっちがどっちだったけとなることがありました。
それにしても四つも読み方があるなんて知りませんでした。でも私にとってはやはりこの言葉はしこうと読むのが一番しっくりきます。
2014/04/07(月) 11:55:50 | #-[ 編集]
管理人です。
だいぶ前にコメントをくださっていたのにも関わらず、今の返事となり申し訳ございません。

確かに変換どうこうは筋違いでした。
今後はこのような表現は使わないようにいたします。

粗利「そり」は確かに変換できました。
これを見ると変換って信用できないなと実感できます。
今後気を付けます。

ご指摘ありがとうございます。
2014/04/07(月) 12:04:09 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する