意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「今年の抱負を語る。」

抱負を語るにはまず抱負の意味を知ってから。
という熱い気持ちで詳しく解説していきます。
と言ったものの、自分も完璧にはわからないので、自分の考えを書いています。

<抱負の意味>

これは、

「心の中で抱く決意」

という意味になります。
例文を訳すと、「今年の自分が心の中で抱く決意を語る。」となります。

これは辞書通りの意味説明ですが、とりあえずは辞書通りに説明します。
ただ、ちょっと説明不足な気がしますので、これから詳しく意味を考えていきます。

では、なぜ「抱負」がこのような意味なのか?を考えます。

「抱」は「抱く(いだく)」という意味で、「考えや感情を持つ」という意味になります。
「負」は「背中に物を載せる」というのが本来の意味で、
その意味から「背を見せて逃げる(負ける)」や、「責任などを負う」という意味になっています。
また、「貝」は財宝を意味することから、「頼みにする」という意味もあります。
(頼みにするという意味の、「後ろ盾」という意味も辞書に書かれています。)

よってこの二つを合わせると「責任を負って抱く」か、
または「頼みになるものを抱く」となります。
これだけではまだ理解が難しい。

「頼みになるものを抱く」というのは何かおかしい。
抱負というのは自分の考えなので、「自分の考えを頼みにする」ということになります。
抱負は「こんなことをやりたい」という内容がほとんどなので、
頼みにするのはちょっと違う気がします。

となると、「責任」という意味になる。
責任というものは、何かしら目標があると思います。
家族を大切にする責任を背負う=仕事してたくさんお金を稼がないといけない、など。
「負」=「目標」と思えば「目標を抱く」となり、意味としてはバッチリです。

以上の考えから意味ブロ管理人は、

「責任を負って抱く目標」

を抱負の意味として考えます。

抱負は自分が背負うものなのだと考えるようにしましょう。


<抱負の使い方>

・2013年度の抱負を語る。

・新入社員の抱負を紹介します。

・市長の抱負。


以上、抱負の意味でした。
漢字の意味からして軽いものではなく、重たく、大切なものを背負うものです。
その気持ちを忘れずに抱負を言っていただければと思います。



リノベーションの意味 | 意味ブロトップへ | イレギュラーの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
心の中で決意した事を忘れずに、その目標を達成すべき責任を持つ。という事なのかもしれないと、この記事を読んで考えさせられました。何気なく、使っていた言葉でも、この意味を考えていくと、とても責任のある言葉だったんですね。
2013/06/10(月) 06:31:46 | Aya #KGAhWzec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する