意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「やっぱ無垢がいいよね。」

無垢材など、何かと目にする言葉です。
漢字そのままですが、「垢」の意味を知らないとわからない。

<無垢の読み方>

これは、

「むく」

と読みます。
「垢」は「あか」と読むのが一般的ですが、
仏語で「く」とも読みます。

<無垢の意味>

これは、

「混じりものがない(純粋)。」

という意味になります。

なぜこのような意味になるのかを説明します。
「垢」は仏語で「煩悩(心を汚す欲・汚れたもの)」という意味になります。
そのことから、「不純なもの」という意味で「皮膚に付く垢」「水垢」など一般的に使われています。

よって、「無垢」は「垢が無い」ということで、「純粋」という意味になります。
よく聞く「無垢材」というのは、一本の木から切り出して合成等の加工をせず、
そのまま使用する木材のことです。


<無垢の使い方>

・これほど無垢な人もめずらしい。

・無垢材で作る戸建住宅。

・白無垢姿が美しい。


以上、無垢の意味でした。


オーバーホールの意味 | 意味ブロトップへ | 受領の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
今までは「むく」と読むことはできましたが、意味は知らずに過ごしてきました。
こうして解説されてあるページをたまたま見つけないと無垢の意味なんて知ることはなかったので感謝しています。
無垢材で建てる家の意味をようやく理解!
2013/04/22(月) 08:13:02 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する