意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「職場の一体感を醸成する。」

先に一つの意味を書きますが、
本来は「原料を発酵させて酒などを造る。」という意味になります。
その意味を別の意味として使われだし、それが今では定着しています。

<醸成の読み方>

これは、

「じょうせい」

と読みます。


<醸成の意味>

これは、

「ある状態を除々に作り出す。」

という意味になります。

例文の「職場の一体感を醸成する。」というのは、
「職場の一体感を除々に作り出す。」という意味になります。
イメージとしては酒の醸成と同じで、ゆっくりと発酵させるという感じです。

社員教育などで意識を除々に変えていき、
最後には皆同じ気持ちになり一体感が生まれていった。そんなことを醸成と言います。



<醸成の使い方>

・目的達成へ向けての強い責任感を醸成させる。

・規範意識の醸成に向けた指導を行う。

・町への愛着を醸成するための計画を立てる。


以上、醸成の意味でした。
他に変わるいい言葉がないので、使われる頻度として高いです。
ゆっくりと意識を変える、その意味を知って協力していきましょう。


体裁の意味 | 意味ブロトップへ | 必須の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する