意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「データが重複しています」

言葉で見ると意味はわかりますが、
意外と読み方が難しい漢字です。


<重複の読み方>

これは、

「ちょうふく」

または

「じゅうふく」

と読みます。

なぜ二つあるのかというと、元々は「ちょうふく」だったのですが、
「じゅうふく」と読む人が多くなったので、「じゅうふく」でもO.Kになったものです。
このような読み方を「慣用読み」と言います。
どちらでも変換はできます。

辞書としての正解は「ちょうふく」です。

「重」は漢読みで「チョウ」、呉読みで「ジュウ」。
「複」は漢読みも呉読みも「フク」。

よって、漢読みなら「チョウフク」、呉読みなら「ジュウフク」です。
どちらも中国語としては間違いではないのですが、
日本では最初に入ってきた音が「チョウフク」だったからか、
日本では「チョウフク」が一般的になっています。

最近、聞いた感じでは「じゅうふく」と読む人が多いのではないでしょうか?
「じゅうふく」と思っている人には「じゅうふく」と言った方が
確実に意味が通じるでおすすめです。

「ジュウフク」も間違いとは言えませんが、
基本は「チョウフク」と読むようにしましょう。


<重複の意味>

これは、

「同じものが重なること=ダブり」

という意味です。


しかしこの漢字、似た言葉が二つでちょっと難しいです。

「重」は「重い・同じものを重なる(かさなる)」という意味の漢字です。
本来の意味は「人が荷物を背負って立つ」という意味で、
その意味から「重い」という意味になります。

「複」は「かさなる・二つ以上の」という意味になります。
本来は「衣を重ねる」という意味の漢字です。

よって、「二つ以上同じものが重なる」という意味になります。


重複データを削除とか、データベース系でよく使いますね。
同じものが二つ以上重なるデータはよく探します。
エクセルであれば関数で一発でできるので楽チンです。


<重複の使い方>

・重複したデータを検索する。

・内容が重複している。

・重複しない設計にしてある。



以上、重複の意味と読み方でした。

「じゅうふく」と言う人が多い気がするので、
意味を確実に伝えるためには「じゅうふく」がいいかもしれません。
その場その場で言い方を考えよう。



々の読み方 | 意味ブロトップへ | 進捗の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
重複はずっと「じゅうふく」しか読み方がないと思っていました。ちょうふくでも確かに変換できますね。
でも人生今まで「ちょうふく」と言っている人を見たことがないので、わたしも「じゅうふく」と読んだ方がいいと思いました。
だって、「ちょうふくって何?」て聞かれそうです。

良いブログですね。ありがとうございます。
2012/05/09(水) 18:48:30 | #-[ 編集]
日本語として正しいのは、「ちょうふく」です。

この事実を知らなかった、読み方を知らずにじゅうふくと呼んだ親や教師の失態により、現在ではあまりにも多くの人が間違えて読んでいるというのが実際です。

但し、言語は時代によって揺れ動くので、このままじゅうふくと読みが変わることもありえます。

ちゃんと辞書で読み方を知っていたら、このようにはならないので、読み方が怪しいな、、、と思ったら、是非辞書を引きましょうね。

「じゅうふく」よりも「ちょうふく」の方が詰まりがなく読みやすいのも事実です。
2012/08/02(木) 18:01:50 | #-[ 編集]
★日本語として正しいのは、「ちょうふく」です。
2012/08/02(木) 18:02:45 | #-[ 編集]
じゅうふくという読み方であることは知っていましたが、他にちょうふくという読み方があるとは知りませんでした。じゅうふくと読んでいる人は見たことありますが、ちょうふくと読んでいる方を見たことはなく、ちょうふくという読み方はあまり知られていないのだなと思います。
2014/04/08(火) 11:37:02 | #-[ 編集]
管理人です。

皆様コメントありがとうございます。
中国語の発音としては「ちょう」なので、ちょうが正しいのだと思います。

言葉はこうして「慣用読み」として、
一般的になっていきます。

漢字自体も想像で意味を付けられているので、けっこういい加減なものです。
言葉は常に進化する、そう思ってどうにか付いていきたいものです。

2014/04/08(火) 11:44:47 | #-[ 編集]
俺のまわりではちょうふくと呼んでいる人のほうが多いな。
始めてじゅうふくと読んでいる人をみたときは驚いたわ。
しかもそれが会社に入ってからの上司。
 
今は、人と読み方が違った場合はまず調べる。
そして正しい読み方と、許容される読み方があれば
それも覚えるようにし、他人がそれをつかっても気にしないようにする

なんでこんなことをするようになったかというと
IT用語が読めないの多すぎだから調べるくせがついちまったー
そしてぐーぐる先生のおかげだ
昔ならわからないと思いつつも何年も放っておくことが多かったなぁ

そして重複の使われ方については
アンサイクロペディアの重複の項目も読むといいと思う
というか多くの人に、あれを意識してもらって、
わかりにくい重複の使い方をなくして欲しい
2014/04/08(火) 15:30:49 | わふ #mQop/nM.[ 編集]
先に中国語の話が出ていますね。
私が気になるのは中国の地名である「重慶」の読みです。
本来の慶びが重なると言う意味をとるなら「ちょうけい」と読むべきところですよね(実際に中国の普通話ではZhongqingではなくChongqing)。ただ日本語では慣用的に「じゅうけい」と読まれています。こういう日本語の持つ曖昧さも「重複」の読み方の二重性を招いているのではないでしょうか。
2014/12/03(水) 14:28:23 | く #-[ 編集]
お礼
重慶は辞書も「じゅうけい」と書かれていますね。
ただ、大辞泉には「チョウチン」とも書かれていました。

「重」は漢読みが「チョウ」、呉読みが「ジュウ」
「慶」は漢読みが「ケイ」、呉読みが「キョウ・キャウ」

よって漢読みだと「チョウケイ」、呉読みだと「ジュウキョウ」。
「ジュウケイ」はおかしいことになります。

中国語では上記の通りになりますが、
日本語は漢読みも呉読みも関係なく、伝わった音を使っているようなところなので、
混ざってしまっているのだと思います。

英語の日本語読み(カタカナ語)と同じようにいろいろな読み方が出てしまうのは仕方ないところですね…。

コメントありがとうございます!

2014/12/03(水) 14:48:36 | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/08(日) 17:52:17 | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する