意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「一期一会の気持ちでやること。」

漫画の影響もあるのか、よく聞く四文字熟語です。
知らない人なら「いっきいっかい」と読んでしまいそうです。

<一期一会の読み方>

これは、

「いちごいちえ」

と読みます。
読み方としては難しい部類です。
マイナーな四文字熟語であれば、読めない人は多いでしょう。


<一期一会の意味>

これは、

「一生に一度しかない出会い・一生に一度限り」

という意味になります。

「一期」は一生という意味になります。
これは仏教用語で、人が生まれてから死ぬまでのこと=一生です。

「一会」は法会(ほうえ)など、一つの集まりのことをいいます。

二つの意味を合わせると、
「一生に一度しかない集まり=出会い」という意味になります。

元は茶道の心得で、一つ一つの茶会を一生に一度しかない出会いと思い、
その気持ちで誠意を尽くしなさいというものです。
常に全力で、この気持ちは大事ですね。


<一期一会の使い方>

・一期一会の精神で務めること。

・一期一会にはしたくない。

・あの人とは一期一会となるかもしれない。


以上、一期一会の意味でした。
これは一期一会にはならないと思っていても、
人はいつ死ぬかわからないものです。
毎日を大事にしていきたい。


引き合いの意味 | 意味ブロトップへ | 来訪の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
この言葉は、普段の会話で用いることはありませんが、自分で内省しているような時にはよく浮かんでくる言葉です。意味はよくわかっているつもりで記事を読みました。茶道の時の心得というのは、なるほどと思いました。
2014/03/22(土) 17:25:41 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する